データ保護とEU一般データ保護規則(GDPR)への適応

データアジリティを維持し、コンプライアンスを加速バナービデオ: コンプライアンスを遵守した完全なデータ

データインベントリー作成を自動化

対象についての詳細なデータは、レガシーシステム、シャドーIT、CRMシステム、デバイスセンサー、デジタルアプリ、ソーシャルネットワークなど、あらゆるソースから流れてきます。Talendでは異なるデータセットから重要データ要素を収集してマッピングし、監査証跡とデータリネージによって追跡管理できるようにしています。

ルールおよびワークフローを運用化

「設計段階でプライバシーを考慮する」ことは法的な義務になりました。Talendはデータパイプライン全体でデータコントロールを設計、運用化する際に役立ちます。マスキングでデータを匿名化、仮名化、データクオリティで修正、およびデータスチュワードシップワークフローでチームの説明責任を強化できます。プロセスを確立して組織のGDPR対応が可能になり、すべての個人情報を適切に扱えるようになります。

同意の管理とデータポータビリティ

GDPRでは、あらゆる個人情報を処理する前に、情報を処理する個人に対してアクセスを共有することが義務付けられています。Talendは顧客向けアプリケーション全体でオプトインの同意を管理し、データサービスを導入して忘れられる権利、アクセシビリティ、訂正権を確立し、データポータビリティも実現します。

推奨製品

Talend Data Catalog

強化されたデータの一元的なカタログを作成/統制できます。自動的な文書化も、簡単に共有してコラボレーションを推進することも可能です。

Talend Data Fabric

あらゆる統合ニーズに単一の統合型プラットフォームで対応します。

アクセス権は、一般データ保護規則(GDPR)に基づいてあらゆる人に保証されている権利の1つです。Talend Data Catalogによって、データアクセス権に関する情報の検索にかかる日数が、30日からわずか5日に短縮されました。

データ保護責任者 THOMAS ELM 氏