データガバナンスツール:整理、アクセス、保護に最適なツール

デジタルトランスフォーメーションはビジネスのあり方を劇的に変えましたが、それが特に明白なのがデータガバナンスの領域です。進化するコンプライアンス標準とセキュリティ要件に対応しながら、データの整合性を確保するには、効果的なデータガバナンスツールが不可欠です。

データガバナンスは、企業がリスクや障害を回避できるようにするためのフレームワークと、データを最大限に活用するための一連のツールを提供します。ここでは、「データガバナンス」という用語を定義し、成功している企業がデータの整理、アクセス、保護のために使用しているいくつかの戦略を検討します。

データガバナンスについて

データガバナンスとは、要するに、データの使用、管理、保存の方法を制御する一連のポリシー、手順、プロトコル、指標です。データガバナンスでは、データやデータの機密性の所有者が誰かということだけでなく、企業独自の文化やデータへのアプローチも考慮します。このようにデータガバナンスは、組織内の全員が効率的、効果的、そして責任を持ってデータを使用するための支援を提供します。

リアルタイムデータの可用性とアクセスの高まりに伴い、データガバナンスは、企業固有のフレームワーク内で品質とコンプライアンスを確保しながら、データを構築、維持、更新するプロセスを提供します。これらのプロセスは使いやすさ、一貫性、データの整合性、データのセキュリティ、およびアクセシビリティを保証し、これによって組織全体で情報をすばやく使用できるようになります。

多くの組織は、非常に多くの依存関係に直面し、効果的なデータガバナンスのアプローチを実装するうえで苦労しています。このようなリソースを大量消費するプロセスの負荷を軽減にするため、多くの企業はデータの日常的な整理/アクセス/保護のためのソリューションを採用しています。これらのソリューション、つまりデータガバナンスツールは、ワークフローを自動化し、大量のデータに構造を提供するのに役立ちます。

データガバナンスツールは、多くのアクセス/ストレージポイントからのデータを迅速かつ効果的に管理できるだけでなく、さまざまなエンドユーザーのニーズを満たすものでなければなりません。アクセスポイント/ストレージポイントには、以下が含まれます。

  • 内部データウェアハウス
  • クラウド:今後3~4年で、データの50%がクラウドに格納されるようになると予測されています。
  • ソーシャルメディア:ビジネスおよびカスタマーロイヤリティを強化するための情報が格納されます。
  • モバイルプラットフォーム:通常、企業固有のガバナンスの課題となるアクセスポイントです。

これらのアクセスポイントからのデータを整理/維持するためのソリューションを見つけることにより、一貫性と信頼性に優れた高品質データのメリットを確実に得ることができます。

GDPR, CCPA and Beyond: 16 Practical Steps to Global Data Privacy Compliance with Talendをダウンロードする
今すぐダウンロード

データガバナンスツールのメリット

データは、企業内を移動するときに頻繁に変更されます。情報は複製/断片化できるため、これが応答性と意思決定の点においてビジネスを停滞させます。データガバナンス戦略は、データ資産の整合性を保護し、マスターデータ管理と製品情報管理を最適化します。この重要機能は、多くの点で企業にメリットをもたらします。

  • 意思決定の改善:アクセス可能で適切に管理されたデータをすぐに利用することで、組織内の重要な意思決定のために正確な知見がもたらされます。
  • 運用効率:データは、在庫レベルから顧客満足度まで、組織のあらゆる部分に関する貴重な情報を提供します。このデータから得られた知見を活用して適用することで、製造のスピード、製品の品質、リソース活用で運営効率を改善できます。
  • データの理解とリネージの改善:データガバナンスは、データの保存場所と使用方法の包括的なビューを提供します。これには、データへのアクセス方法とタイミングを管理する許可が含まれます。
  • データクオリティ:データクオリティとデータガバナンスは異なる機能ですが、2つが連携して最終結果を改善します。データ品質を確保するためにデータクレンジングが必要になる場合がありますが、内部データの一貫性に沿ったデータガバナンスにより、データ駆動の意思決定における正確性と有用性が保証されます。
  • コンプライアンスと規制:すべてのビジネスには、業界固有の規制があり、コンプライアンスに違反すると大きな罰金が科せられることがあります。データガバナンスは、これらの規制への対応を保証すると同時に、セキュリティとプライバシーを安全に管理します。
  • 収益の増加:規制に対応し、データを分類/分析し、顧客ロイヤルティを保証することで、データガバナンスにより、効率的かつ予防的な体制での利益増加を実現できます。

このプロセスを自動化するためにデータガバナンスツールを活用すると、組織はデータガバナンスの成功によって達成される迅速な利益と結果の恩恵を受けることができます。

データガバナンスツール:整理、アクセス、保護に最適なツールをダウンロードする
詳細

データガバナンスツールの選択方法

従来の管理機能を実行する多くのデータガバナンスツールがありますが、ガバナンスプログラムとポリシー管理およびデータクオリティに対処する特定のツールが登場しています。最適なソリューションを探している組織がとるべき最初のステップは、ユースケースを決定し、ビジネス全体の優先順位を見極めることです。データガバナンスの要件とビジネスKPIを理解することで、選択が容易になります。ユースケースの要件に加えて、以下を自問して検索を絞り込みます。

  • 組織は通常、オンプレミスまたはクラウドベースのツールを利用しているか?
  • 現在は、何件の統合を実行しているか? 各アプリケーションに接続するツールが必要か? 必要な場合、広範囲はどの程度か?
  • 複数ソースからの大量データを処理するツールが必要か?
  • セルフサービスの管理ダッシュボードは、ワークフローにとって重要か?

どのツールが要件を満たすのかをよく理解するために、必要な機能を特定します。以下は考慮すべき機能のリストです。

  • データモデルや用語集などの主要成果物を管理する
  • 変更履歴やリネージ情報などのデータ管理アクティビティを追跡/管理する
  • メタデータを作成および管理する
  • ドキュメントの分類とライフサイクル管理を提供する
  • ガバナンスの役割とポリシーを割り当てる
  • ワークフローを定義し、ユーザーのアクセス許可を管理する
  • 作業の進捗状況を追跡する
  • ビジネス戦略を監視する
  • 指標と有効性を追跡する

各ビジネスニーズを検討し、望まれる製品機能に対応させることで、年間目標を達成するのに最も効果的なツールを判断できます。

Data Trust Readiness Reportをダウンロードする
今すぐダウンロード

シンプルなデータガバナンス

ビッグデータを提供するリソースの使用とリソース数が増加するにつれて、データガバナンス、セキュリティ、コンプライアンスの必要性も高まります。プログラムは、最初は実装が複雑に見えるかもしれませんが、データガバナンス戦略を作成することを選択することで、長期的に成果を勝ち取ることができます。プロセスを簡素化するデータガバナンスプラットフォーム/ツールを見つけることは、単に高機能のソリューションと、使用する側にとって役立つソリューションの違いになります。

データの民主化と全社的データガバナンスの重要性を理解しているTalendのデータガバナンスツールを使用することで、データクオリティとセルフサービスアクセスを提供するクラウドベースの汎用プラットフォームでデータパイプラインを制御できます。Talendは、独自の統合機能により、単一のプラットフォームで信頼できるデータの360°ビューを提供します。

Talend Cloudを使用して、データガバナンスを簡素化し、エンタープライズデータの価値を実現してください。

| 最終更新日時: October 25th, 2019