データが意味するもの

世界はますます、データの活用次第で勝者と敗者が分かれるデータ主導型の環境になっています。すべての業界で、データ主動型企業が成長を見せており、競争の基盤が変化しています。

ハイリスクハイリターンの環境です。データの活用に秀でるか、取り残されるかです。

データ主導型ビジネスのリーダーになる

Talendがもたらすデータアジリティ:

  • クラウドのパワーを解き放つ
  • リアルタイム情報や予測型アナリティクスの活用
  • 将来性のあるデータアーキテクチャの設計
  • 日常業務におけるデータに基づく意思決定の改善

Talendの差別化要因

一元化

オンプレミス、クラウド、またはハイブリッド環境にかかわらず、統合、ビッグデータ、セルフサービス、機械学習、ガバナンス、その他を目的として一元化したプラットフォームで、あらゆる種類、量、スピードでデータを簡単に管理します。

ネイティブ

統合は一度きり、どこでも展開可能です。ネイティブコード生成により、高いパフォーマンス、コスト削減を実現します。開発作業は無駄になりません。すべてのプラットフォームの機能を完全に利用でき、クリック一つで最新テクノロジーに切り替えられます。

オープンソース

何千人もの開発者の経験やApacheエコシステムとの緊密なつながりを活用できます。Talendのオープンソースベースのツールを使うことにより、最新の市場環境やイノベーションに合わせた開発が可能です。

Talendの統合プラットフォームアーキテクチャは、データ統合やデータガバナンスに対する当社の要件を全て満たしています。機能、使いやすさ、スケーラビリティを考えて選びましたが、Talendには現在また今後予想されるマーケティング要件に対応するために必要なものがすべてありました。

FUDONG YIN, SR.DIRECTOR BUSINESS SYSTEMS, ELLIE MAE

誰もがデータを活用する主導型企業に

Talend Fall ’17リリースには企業ユーザーがクラウドデータに素早く簡単にアクセスして、変換、
統合作業を行うのに役立つTalend Data Preparation Cloudが搭載されています:

常時オンで簡単
あらゆるデータをクレンジング
安全で統制しやすい
データプレパレーションをサービスとして導入すれば、インストールやアップグレード、またはメンテナンスの必要もなく、数秒後に本番稼働できます。あらゆるクラウドおよびオンプレミスソースにアクセスできる最新のデータプレパレーション機能が搭載されています。企業ユーザーが求めるデータにアクセスできるようにする点でIT部門はただちに価値を実感できるはずです。

Talendと他社との違い

統合ニーズをすべて満たす1つのソリューション
データとアプリケーションをオンプレミスまたはクラウド、リアルタイムまたはバッチで接続したり、ビッグデータをマスターデータに接続したりするのも、同じ強力なインターフェイスとビジュアルツールで可能です。
オープンソースのコミュニティ主導型のアプローチ
Talendの広範なコミュニティが提供する補完ソリューションにアクセスできるため、プロジェクトがベンダーロックインの影響を受けることはありません。 市場でのイノベーションに必要なアジリティと柔軟性を得ることができます。
作成方法を学習する必要なし
Talendビジュアル設計ツールでは、軽量のネイティブコードが生成されます。Eclipseベースのデザイナーは、Spark、Spark Streaming、機械学習などの最新のイノベーションを活用して 統合ジョブを簡単に作成できます。
TCOを削減
データソースやボリュームでなく開発者に基づいた簡単で予測可能な料金モデルによって、TCOを大幅に削減します。新世代のアーキテクチャでインストールとメンテナンスにかかるコストを削減し、 1つの設計環境によりトレーニングの時間とコストも削減します。

俊敏性をさらに高める用意はできていますか?

Talendは、実績あるパートナーとして、データ主導型の企業となるお手伝いをいたします。
お気軽にご利用ください。

Delivering Real-Time Analytics in One Click

注目のリソース

ウェビナー
ビッグデータプロジェクトに対する5つの課題の克服方法
ウェビナー
あらゆる場所でデータクオリティ:業務プロセスとアプリケーションへのリアルタイムデータクオリティの組込み