Talendソリューション

AWSクラウド統合

ビッグデータ開発運用、リアルタイム処理、そしてETLプロジェクトを加速

AWSエコシステムはビッグデータの取り組みを支援するための新たなインフラを構築する、または既存レガシーシステムをAmazon Web Services (AWS) Redshift、EMR、S3、RDS、DynamoDB、Aurora、およびKinesisに移行する際の敏捷性を企業に提供し、コスト削減を可能にします。 Talendを導入すると、AWS プロジェクトはもっと手頃になり、もっと簡単に、もっとすばやく展開できるようになります。

data-warehousing

ハイブリッドDWH

多くの企業がBIニーズに対応するためにクラウドへの移行を検討、しますが、オンプレミスデータウェアハウスは、簡単には移行できません。 AWS Redshiftを含むハイブリッド環境では、業務を中断することなくコスト効率と敏捷性を上げることができます。 TalendのAWS Redshiftのネイティブコネクタは、時間をかけて安全にデータをAWS Redshiftに移行するのに役立ちます。データクオリティプロファイリングのサポートは、業務ユーザーがメタデータを解析してデータウェアハウジングジョブを最適化するのを可能にします。

リアルタイムデータストリーミング

センサー、Web ログ、およびクリックストリームからリアルタイムデータを分析用データに変換するには、MQTT、Apache Kafka、AMQP、Apache Flume、AWS Kinesisなどのさまざまなストリーミングプロトコルのサポートが必要です。 S3、EMR、Apache Spark Streaming、Redshift, Kinesis、DynamoDBを活用し、AWS上にTalendを使ったセキュアなリアルタイムストリーミングを構築します。 AWS Identity and Access Managementから継承される認証、およびS3のクライアント側、サーバー側の暗号化の活用により厳格なITコンプライアンスを保証します。

data-streaming

cloud-analytics

クラウド分析

Tableau、Salesforce Wave、AWS QuickSightなどの強力なクラウド型アナリティクスアプリの普及により、AWS Redshiftをクラウドデータウェアハウスとして活用しつつ、事業部門はそれぞれ独自にデータをクラウド上に統合しています。 Talendはお使いのアナリティクスツールで速く正確な情報を社内の関係者に提供できるよう、クラウド上のすべてのデータをすばやくロード、変換して、クレンジングします。

伸縮自在なビッグデータ開発

Talendでは、統合ジョブの実行準備を完了すると、EMRおよびRedshiftクラスターを自動的に起動、停止することで、Amazonの完全な弾力性とコストメリットを利用することができます。 これで、IT部門は生産性と敏捷性を高めながら、Hadoopのコストとデータウェアハウジングジョブをより効果的に管理することができます。

elastic-deployment

推奨製品

coud-integration-icon

クラウド統合

クラウドおよびオンプレミスのすべてのデータをつなげる

製品詳細

無償試用版

bd-int-icon

リアルタイムビッグデータ統合

最先端アナリティクスおよびストリーミングデータの統合

製品詳細

無償試用版

お客様の声