TALENDソリューション

AWSクラウド統合

ビッグデータ開発運用、リアルタイム処理、そしてETLプロジェクトを加速

AWSエコシステムはビッグデータの取り組みを支援するための新たなインフラを構築する、または既存レガシーシステムをAmazon Web Services (AWS) Redshift、EMR、S3、RDS、DynamoDB、Aurora、およびKinesisに移行する際の敏捷性を企業に提供し、コスト削減を可能にします。 Talendを導入すると、AWS プロジェクトはもっと手頃になり、もっと簡単に、もっとすばやく展開できるようになります。

クラウドデータウェアハウジング

Amazon Redshiftは、完全に管理されたペタバイト規模のクラウドデータウェアハウスです。データを安全にAWS Redshiftへと移行していくうえで役立つのが、TalendのAWS Redshift用ネイティブコネクターです。ビジネスユーザーは、データクオリティプロファイリングのサポートを利用し、メタデータを解析してデータウェアハウジングジョブを最適化できます。

リアルタイムデータストリーミング

センサー、Web ログ、およびクリックストリームからリアルタイムデータを分析用データに変換するには、MQTT、Apache Kafka、AMQP、Apache Flume、AWS Kinesisなどのさまざまなストリーミングプロトコルのサポートが必要です。 S3、EMR、Apache Spark Streaming、Redshift, Kinesis、DynamoDBを活用し、AWS上にTalendを使ったセキュアなリアルタイムストリーミングを構築します。 AWS Identity and Access Managementから継承される認証、およびS3のクライアント側、サーバー側の暗号化の活用により厳格なITコンプライアンスを保証します。

クラウド分析

Tableau、Salesforce Wave、AWS QuickSightなどの強力なクラウド型アナリティクスアプリの普及により、AWS Redshiftをクラウドデータウェアハウスとして活用しつつ、事業部門はそれぞれ独自にデータをクラウド上に統合しています。 Talendはお使いのアナリティクスツールで速く正確な情報を社内の関係者に提供できるよう、クラウド上のすべてのデータをすばやくロード、変換して、クレンジングします。

ビッグデータの展開に弾力性を

統合ジョブの実行準備ができたら、EMR/Redshiftクラスターを自動的に起動/停止するTalendで、Amazonの弾力性とコストメリットを十分に活用できます。IT部門は、生産性と俊敏性を高めながら、Hadoopのコスト管理もクラウドデータウェアハウジングのジョブ管理も強化できます。

推奨製品

cloud-integration

Cloud Integration

クラウドとオンプレミスの全データをつなげる

製品詳細

無償試用版

realtime-big-data

Real-Time Big Data Integration

最先端アナリティクスおよびストリーミングデータの統合

製品詳細

無償試用版

お客様の声

「クラウドのビッグデータレイクとセルフサービスでのデータ分析を活用することで、フィットネスセンター利用者の行動をほぼリアルタイムに把握できるようになりました。デジタルマーケティングキャンペーンの効果が向上し、顧客の解約数の減少に繋がりました。」

Beachbody社 データ担当エグゼクティブディレクター Eric Anderson氏

詳細情報