Talendが推進する未来型ETL: クラウドとセルフサービスで、ETL実現を圧倒的に短縮

当社によるお客様の個人情報の収集と利用について、当社におけるプライバシー保護とセキュリティについて、またお客様におけるデータ保護の権利については、当社のプライバシーポリシーをご確認ください。

リアルタイムでのデータ取得はできていても、その活用までに時間がかかっていては、 データドリブンな意思決定はできません。しかも、ビジネスユユーザーがすぐ使える データを用意するためには、ITの知識ではなく、ビジネスに関する知識が不可欠です。

そのため、従来のETL手法では、作業の効率化は実現できていましたが、 ビジネスユーザの要件を収集して業務に必要とされるクオリティを定義するために 多大な労力と時間を要していました。

そこで必要になるのが、IT部門とビジネス部門がシームレスに協力できる環境です。 Talendは、ビジネスユーザーによるセルフサービスでのデータプレパレーションを提供し、 ユーザ要件をダイナミックにETLに反映する仕組みを提供します。 また、クラウドサービスとしても提供しているので、簡単に、今すぐに必要な処理を始めるこ とができます。

本ウェビナーでは、データプレパレーションを活用したETLアプリケーション構築の デモをご紹介します。

従来のETLとは大きく違う、未来型ETLを実感してください。