iPaaS:クラウド統合プラットフォームの活用方法

iPaaSとは?

iPaaS(integration Platform-as-a-Service)は、クラウドデータとアプリケーションのホスティング、開発、統合のための管理ソリューションです。最善のiPaaSソリューションは、ビジネスインテリジェンスの全体像を視覚化して操作するための使いやすいグラフィックツールを含みます。

「クラウド統合プラットフォーム」とも呼ばれるiPaaSは、インフラストラクチャやデータウェアハウスからアプリケーション設計やDevOps環境に至るまで、あらゆるものを提供する能力を備えています。クラウドへの移行が進む今日、適切なiPaaSソリューションは、データ、アプリケーション、セキュリティ、ビジネスコンプライアンスの統合を大幅に簡素化する可能性を持ちます。

物理環境の延長線上でクラウド統合を開始する場合も、純粋なクラウドエコシステムを構築する場合も、ビジネスでクラウドテクノロジーを採用するうえでiPaaSプロバイダーの選択が重要となります。ここでは、iPaaSの活用方法、ツール、オプション、ビジネスニーズを独自に反映するクラウド統合モデルの採用について説明します。

Cloud-Integrationsplattformen auf dem Vormarschをダウンロードする
今すぐダウンロード

現在のIT環境におけるiPaaS

今日、iPaaS製品を使用することで、ネットワーク自体を含め、すべてをクラウドで設計できます。クラウドの可用性と信頼性が高まる中、統合プラットフォームサービス上ですべて構築されたビジネスも登場しています。

業界のリーダーは、iPaaSテクノロジーを次のような方法で活用しています。

  • セルフサービスのデータプレパレーション:セルフサービスのアナリティクス/BIツールにデータを提供する再利用可能なデータプレパレーションプロセスの作成など、統合フローを含みます。
  • B2Bのデータ交換:パートナーネットワークでの安全なデータフロー向け。これにより、APIに基づいてコードを記述する必要がなくなり、顧客やパートナーのオンボードプロセスが加速します。
  • セールスのリード管理機能:ライブまたはオンラインイベントの出席者の連絡先情報を収集し、CMSやマーケティングオートメーションプラットフォームにすばやく統合します。
  • クラウドテクノロジーの活用:複雑な統合フローを合理化し、効率を改善し、リソース管理を改善し、コストを削減します。
  • 組み込みの統合サービス:顧客がITチームの手を借りずに単純なデータ同期や移行のタスクを処理できるようにします。

包括的なiPaaSソリューションは、ツールとサービスをサービス指向アーキテクチャー(SOA)に融合させます。SOAでは、インフラストラクチャ、ソフトウェア、データなどが応答性の高いエコシステムで相互作用し、すべてを画面に表示して制御を簡素化します。これにより、組織は、アプリケーション間でリソースや情報を共有し、臨機応変な改善を実行し、製品の市場投入を従来に比べて大きく加速できます。

iPaaSとマルチテナンシー

iPaaSのもう1つのメリットは、ソフトウェアのマルチテナンシーの簡素化です。以前のクラウド設計モデルでは、顧客(テナント)がやりとりを要求するたびに実行中のソフトウェアアプリケーションのインスタンスが1つ展開されました。一度に環境とやりとりする顧客数が1,000であれば、1,000のソフトウェアインスタンスが対応しました。

しかし、ソフトウェアのマルチテナンシーによって、単一のインスタンスがiPaaSでのリソース共有を使用し、世界中のテナントにサービスを提供できます。この1つのインスタンスは、更新/変更用の単独ポイントにもなるため、わずかな調整のために大規模なエンタープライズクラスのロールアウトが必要になることもありません。マルチテナンシーは、ネットワークのオーバーヘッドを大幅に削減し、総所有コストの一層の削減に寄与します。

iPaaSとESB

iPaaSと同様、エンタープライズサービスバス(ESB)システムは、エンタープライズ全体でデータとアプリケーションのコンポーネントを管理/共有するためのミドルウェアレイヤーを提供します。ESBソリューションはオンプレミスで存在し、クラウドへのデータ統合のために、ハイブリッドクラウドソリューションに似た環境を提供します。

しかし、ESBには多くの重要な違いがあります。iPaaSがESBを基に構築されたと考えると、この次世代クラウド統合プラットフォームは、全世代のESBでは不可能な次のような機能を実行します。

  • リモートホスティング - 一般的にESBは、ローカルデータ/サービスとクラウドの間の中間層として機能するオンプレミスソリューションです。しかし、iPaaSは、完全にクラウドから動作したり、管理ツールがローカルではなくリモートでホストされるハイブリッド環境で動作したりするよう設計されています。
  • マルチテナンシー - ESBプラットフォームでは、単一のソフトウェアインスタンスから複数のユーザーをホストする能力を持たないため、先端的なアプリケーション開発におけるこの重要なメリットをESBプラットフォームで利用できません。マルチテナンシーを利用できない場合、組織はソフトウェアの設計と展開で最も強力な新興テクノロジーの1つを活動できないことになります。
  • SaaSの運用 - ESBシステムは、クラウドベースのSaaSからの統合を管理するためにミドルウェアを使用して変更できるので、全体的なニーズがそれほど高くなく、ESBにすでに投資している組織もSaaSのメリットを享受できます。しかし、真のクラウド統合向けプラットフォームに比べて、ESBは「クラウドに対応」したものと考えられます。このため、クラウドを標準として想定する新しいアプリケーションやサービスをESBプラットフォームで管理することは、ますます困難になっていきます。
  • カスタムコーディングの要件 - iPaaSは、更新、セキュリティ修正プログラムなどの調整を自動的に環境に適用するホステッドサービスです。従来のESBプラットフォームは、SaaSのようなリモートサービスの変更に対応する応答能力は高くありません。このため、ITリソースがパッチ適用や機能回復のための調整に追われることになります。実際に、適切なコーディングツールを使用しないと保守コストが200%も増加する可能性があります。
  • リアルタイムの応答 - ビジネスもネットワーク上の脅威もリアルタイムで動いています。最新のiPaaSは、データの取り込みとリアルタイムのビジネスインテリジェンスのギャップを埋め、リアクティブ型からプロアクティブ型のビジネスインテリジェンスへと企業が移行するよう支援します。モノのインターネット(IoT)のような新しいサービス領域では、ユーザーとデバイスの即時接続が必要となるため、データ統合の遅れイコールサービスのレベルが低いということを意味します。データ統合がリアルタイムよりも遅れることは、今後の市場では受容されなくなるため、iPaaSが標準のオペレーティングプラットフォームとして位置づけられる可能性があります。

組織が将来の拡張の必要性に直面している場合や、新たに着任したCIOがデータ統合アーキテクチャーを決定するタスクを担っている場合は、iPaaSが最適な選択肢となるでしょう。

Watch Talend Open Studio for ESB for Dummies now.
今すぐ見る

上位iPaaSが提供する4つの機能

データウェアハウスを構築するために使用されるプラットフォームとツールによって、どれだけの規模まで、どれだけ効率的に成長できるかが決まります。クラウドはデータの使用と統合の範囲を無限に広げていますが、多くの選択肢から適切なパートナーとツールを選ぶことは難題です。そのため、次の4つの重要な機能に注目する必要があります。

  1. 仮想インフラストラクチャの容易な管理 - 多用途のiPaaSは、ローカルでホストされている仮想アーキテクチャー、または業界をリードするクラウドプラットフォーム(AWS、Microsoft Azure、Google Cloud、Cloudera Altus、Snowflake、Salesforceなど)と、シームレスに統合します。現在の設計を問わず、iPaaSは即座にホスト可能でなければならず、また管理性を損なわずに他のクラウドテクノロジーを利用できるようにする必要があります。
  2. データウェアハウジングと統合 - ビジネスインテリジェンスによって損益が分かれる可能性もあるため、選択したプラットフォームはアプリケーション、データストアなどとニアリアルタイムでデータを共有できる必要があります。ホットデータ、コールドデータ、運用データ、そして増大し続けるデータ処理を考慮に入れた柔軟なiPaaSソリューションは、将来のネットワークのベースライン要件となります。
  3. アプリケーションの開発と連続デリバリ - iPaaSは、開発チームの社内開発や、クラウドツールによる企業全体のアプリケーションの設計、統合、デリバリを可能にする必要があります。テストと展開の自動化を活用することで、開発チームの潜在能力を最大限に引き出し、あらゆる一般的な環境で動作する安全で拡張性の高いアプリケーションの市場投入を加速できます。
  4. セキュリティとコンプライアンス - 適切なiPaaSパートナーは、詐欺の検知、リアルタイムの侵入アラート/応答、読みやすい監査/レポート画面などの重要なビジネスセキュリティを提供します。さらに、iPaaSは、Payment Card Security Standards Councilで義務付けられているような業界標準やGDPRへのコンプライアンスを保証する必要があります。義務化されている監査を実施し、iPaaSが提供するインターフェイスで脅威を可視化することで、社内のIT専門家の膨大な作業負荷を軽減し、クラウド統合を大幅に簡素化できます。

無制限に拡張可能なエンタープライズ環境向けに安定した基盤を提供し、予算への影響を最小限に抑えてデータ統合/ビジネスインテリジェンスの難題に対応するiPaaSパートナーソリューションを選択しましょう。

iPaaSの使用開始

現代の企業は、クラウドのデータとアプリケーションのホスティング、開発、統合に適したソリューションを見つけるのに苦慮しています。その中で、Talendはあらゆる課題に対応するデータの俊敏性を提供します。

Talendの一元化されたGUIの管理プラットフォームでは、インフラストラクチャの管理を簡素化し、ビッグデータをビジネスインテリジェンスに変え、セキュリティとリスクのコンプライアンスに万全の態勢をとるなど、多彩な機能を利用できます。無償のダウンロードにより今すぐ使用を開始して、その力を確認しましょう。

| 最終更新日時: January 28th, 2019