データガバナンスとデータ主権:グローバルデータプライバシーのコンプライアンスを実現するための実践的な16のステップ

当社によるお客様の個人情報の収集と利用について、当社におけるプライバシー保護とセキュリティについて、またお客様におけるデータ保護の権利については、当社のプライバシーポリシーをご確認ください。

データ保護とサイバーセキュリティは、全世界の政府にとっても一般市民にとっても大きな懸念事項となっています。このため、多くの組織ではデータプライバシー規制に対するコンプライアンスを満たす必要が生じています。

このホワイトペーパーでは、データガバナンスを専門とするSunil Soares氏が、アジア太平洋、ヨーロッパ(GDPR)、北米のデータ保護/データ主権法令について概説するとともに、コンプライアンスを実現するための実践的アプローチを紹介します。

ホワイトペーパーの内容:

  • メタデータを使用して重要なデータ要素をデータセット全体にマッピングする
  • データスチュワードシップのワークフローにより説明責任を育成する
  • 同意とデータ主体の権利に関する規定に対応するために、ネイティブのデータ品質を持つデータレイクを確立する
  • 監査証跡とデータリネージによりデータを追跡・管理する