信頼できるデータを共有するための3つのステップ

当社によるお客様の個人情報の収集と利用について、当社におけるプライバシー保護とセキュリティについて、またお客様におけるデータ保護の権利については、当社のプライバシーポリシーをご確認ください。

今日ではデータが世界を支配しているといっても過言ではない今日のビジネスシーンにおいて、信頼できるデータを維持すること、また企業としてその姿勢をきちんと示すことは、社会からの信頼を維持する上で不可欠な要素となってきています。

スピードと信頼を維持し、大規模データ全体を網羅し、さらに人がきちんと関わっていることがわかるデータガバナンス戦略が重要なのです。

本ウェビナーでは、以下の質問すべてに「はい」と答えられるように、ビジネスが必要とするスピートとガバナンスの双方を実現するデータパイプラインをどのように管理し、自動化していくかをご説明します。

  • 御社の経営幹部は御社が発信しているデータの信頼性に満足されていますか?
  • 御社内では、各社員は業務に必要なデータがどこにあるのか知っており、自分たちでデータの修正や追加ができていますか?
  • あなたは、社内のデータが外部の攻撃から守られ、コンプライアンスに準拠しているかどうか心配で眠れないということはありませんか?

デマンドウェビナーを視聴するには、フォームへの入力が必要です。