データ統合徹底解説

当社によるお客様の個人情報の収集と利用について、当社におけるプライバシー保護とセキュリティについて、またお客様におけるデータ保護の権利については、当社のプライバシーポリシーをご確認ください。

あらゆるビジネスで競争優位性の原動力となっているのがデータであることが、広く認識されるようになっています。データからビジネスインテリジェンスを引き出し、その知見に基づいて戦略を策定することは、今日のビジネス環境における厳しい競争を優位に展開するために不可欠であるだけでなく、企業のデジタルトランスフォーメーションを活用するうえでの鍵となります。McKinsey Global Institute社によると、真にデータ駆動型の企業は以下のメリットを実現します。

  • 顧客を獲得する確率が23倍高い
  • 顧客を維持する確率が5倍高い
  • 平均を超える利益率を達成する確率が19倍高い

データ統合はデジタルトランスフォーメーション戦略の基盤
データ統合は、ビジネス戦略の基本的要素です。単なる技術的プロセスとして一般的に考えられますが、知見を得るうえで統合が主たるボトルネックになりがちです。特に、クラウドプラットフォームやクラウドアプリケーションとの間でデータをやり取りする場合に、その問題が顕著になります。データ統合を技術的な問題として捉えるのではなく、そろそろビジネス戦略の観点から、デジタルトランスフォーメーションにとっての重要性が高まりつつある課題として検討すべきです。

データ管理はビジネスに不可欠な能力
卓越したデータ管理能力を持つビジネスは、高品質のデータから正確な知見を導き出すことができ、使用と維持が簡単で俊敏なインフラストラクチャを、必要とするユーザーに提供することに熟達してきました。そのようなビジネスのデータ管理戦略はクラウドファーストであり、全社的にデータ専門家のセルフサービスによる高品質データに基づいているので、データが真の意味で企業の活力源となり得ます。

「データ統合ガイド決定版」は、データ統合に関連する変化と課題を詳細に検討し、データ統合戦略を策定するための実際的なステップを紹介します。

「データ統合ガイド決定版」をダウンロードして、以下の点をご確認ください。

  • データ統合ツールの選択方法
  • データへの投資を最大限に生かすための、データチームの編成方法
  • クラウドテクノロジーによるデータ統合の経済性と運用の変革、およびクラウドを使用して競争力を高める方法
  • データ統合によりデジタルトランスフォーメーションを実現した企業の事例

フォームに入力いただき、レポートをご覧ください。