データレイク:目的、プラクティス、パターン、プラットフォーム

当社によるお客様の個人情報の収集と利用について、当社におけるプライバシー保護とセキュリティについて、またお客様におけるデータ保護の権利については、当社のプライバシーポリシーをご確認ください。

先端的なデータ管理専門化を対象に実施されたTDWIの調査から、データレイクの実装を成功させるための12の優先事項が明らかになりました。

このTDWIレポートでは、Philip Russom氏が調査結果を分析しています。適切なツールを使用することで、データレイクはセルフサービスのデータアクセスを実現し、データウェアハウジング、アナリティクス、データ統合などのデータ駆動型ソリューションのプログラムを拡張することが明らかにされています。

無償レポートの内容:

  • データレイクのタイプについて
  • データレイクを採用するメリットと課題
  • 有用なテクノロジーと実際のユースケース
  • 成功のための12の優先事項

フォームにご入力いただくことで、レポートを入手できます。