クラウド統合ツール:プラットフォームを下支えし、プロセスを強化する

クラウド統合は、多くの場合に事前構築された拡張性の高いプラットフォームであり、組織が分析のためにデータを活用できるように、複数のソースデータ、アプリケーション、ツールを接続して一元的に表示します。

クラウド統合により、ローカルデータはクラウド内の情報やアプリケーションとシームレスに連携できます。オンサイトのデータセンターをクラウドに移行する企業が増えるにつれて、クラウドへの移行やクラウドベースのビジネスインテリジェンスの構築など、企業におけるクラウド統合能力の重要性が高まります。

クラウド統合を成功させるには、既存の環境の内容を徹底的に調べ、特定のソリューション状態を実現するために慎重に計画し、適切な作成/管理ツールを活用する必要があります。

Download Cloud-Integrationsplattformen auf dem Vormarsch now.
今すぐダウンロード

クラウド統合ツールの6つのメリット

クラウド統合ツールは、クラウド運用に対するシンプルで包括的なアプローチの管理を容易にします。適切なプラットフォームを使用することで、時間とコストを削減し、機会を逃すことによる顧客/ビジネスの損失を回避するために、組織が以下を達成するのを支援します。

  1. 総所有コストの削減 - ハンドコーディングを削減することは、適切なクラウド統合ツールがクラウド運用の総コストを削減する方法の1つにすぎません。従量制の料金モデルにより、企業は実際に使用するコンピューティング、ネットワーク、ストレージのみにコストを抑えて、ハードウェアの支出と余分な帯域幅の必要性を排除できます。今日の市場で提供されている最上位のクラウド統合ツールはETL/ELTタスクをサポートするので、企業はデータのコスト効率を最大限に高めることができます。

  2. デリバリサイクルの短縮 - ライブマーケットを相手にする開発者は、環境に関して高速で最新のクリーンな情報を必要とするため、クラウド統合ツールによって開発能力を大幅に強化できます。サイロを排除し、デリバリサイクルの全フェーズで信頼性の高いデータを活用できるようにします。

  3. 即座に高い拡張性を簡単に実現 - 統合ツールは、総所有コストを削減してコストを節約できるとともに、即座に高い拡張性を提供します。したがって、運用インフラストラクチャが活動の急増に対応できないことが原因でビジネスチャンスを失うといった問題も起こりません。

  4. コンプライアンスを容易に - HIPAA、PCI DSS、GDPRなど、国内および国際的な標準の複雑化に伴ってコンプライアンスが重大な懸案となっています。しかし、多くの組織では、この課題に対応するための内部的な専門知識が不足しています。

    クラウド統合ツールは、コンプライアンスの手続きを自動化し、データが現行の標準に準拠していることを保証します。また、脆弱性の問題を解決し、違反に対して課せられる多額の罰金のリスクを回避できるよう、企業を保護します。

  5. 実用的なビジネスインテリジェンス - 知識がもつ力と潜在的収益性は、かつてないほど高まっています。クラウドソリューションは、意味を成さない莫大なローデータを利用可能な情報に変えるうえでの要です。企業と顧客を密接に結びつける実用的なビジネスインテリジェンスは、21世紀のビジネスの動力となります。クラウド統合ソリューションは、それを生み出すエンジンとして力を発揮する可能性を持っています。
  6. ハンドコーディングの削減 - クラウド統合ツールを使用しない場合、大規模なデータ変更を行うたびに企業全体のAPIやコネクターを手動で変更することで、リソースが疲弊します。

    コストを削減し、アプリケーションとデータの依存関係を手動で追跡しようとすると、次第にクラウド全体でその場しのぎの統合を行うようになっていきます。このやり方では、すぐに把握できる時間とコストがほんの一部であり、実際のメンテナンスコストは、更新プロセスを自動化するクラウド統合ツールを使用する場合に比べて約200%近く高くなります。そのために、この罠はハンドコーディングの氷山と呼ばれます。

適切なクラウド統合ツールは、これらの大小さまざまなメリットにより、大きな変化を組織にもたらし、ITスタッフの負担を大幅に軽減し、予算の厳しい制約下でもビジネスインテリジェンスの加速と強化を実現できます。

Download クラウド統合ツール:プラットフォームを下支えし、プロセスを強化する now.
詳細

クラウド統合に最適なツールを選択するための3つの重要ポイント

どのようなITプロジェクトでも、適切なツールを使用することが成功の鍵となります。これは、データ統合のように重要なプロジェクトでは特に当てはまります。クラウド統合から即座にメリットを得るための最も重要な考慮事項は次のとおりです。

  • 高速で簡単な統合 - 何百ものコネクターをサポートし、さまざまなクラウドプロバイダー(Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなど)やオンプレミスのデータストレージ/サービスとのシンプルな統合をサポートするクラウド統合ツールは、即座に使用開始でき、調整やカスタマイズをほとんど必要とせずにライブ環境で運用可能であることが求められます。

  • 万全のセキュリティとコンプライアンス - ただでさえビジネスの大きな圧力に直面している組織にとって、環境が最新のコンプライアンス基準を満たしているかを注視し続けることは大きな負担です。クラウド統合ツールは、必要な報告と監査の労力を省き、コンプライアンス対応を大幅に簡素化します。

  • 運用の改善 - クラウドでのビッグデータ統合の目標は、ビジネスインテリジェンスの向上、顧客とのつながりの強化、運用パフォーマンスの向上です。環境について包括的で視覚化された知見を提供するクラウド統合ツールを活用することで、経営幹部は無駄を排除して運用を合理化できます。

クラウド統合ツールを選択する際は、上記のような事柄を考慮する必要があります。しかし、適切なツールは、展開の規模や範囲を問わず、ビジネスニーズに的確に対応します。

業界をリードするクラウド統合ツール

15年以上にわたり、Talendは世界中で巨大企業にも中小企業にも統合ツール/サービスを提供しています。オープンソースのプラットフォーム上に構築され、世界的な開発コミュニティによってサポートされているTalendは、ハンドコーディングなしに迅速でシームレスな統合を提供し、クラウド統合とビジネスインテリジェンスを通じた事業活動の改善を推進します。

無償試用版のTalend CloudまたはAWSのData Lake Quick Startで、今すぐスタートしましょう。

適切なクラウド統合ツールは、データに依存する現代の企業が成長していくうえで不可欠な資産です。ツールを早期に導入することで、より簡単で円滑な移行を実現しやすくなります。開発チームのリソースが疲弊するまで待つべきではありません。今すぐチームに確認し、近い将来のデータ使用量(および使用方法)について合理的な見通しを立て、緊急事態に陥る前に最適なツールを探し始めましょう。

| 最終更新日時: June 29th, 2018