フルリソースライブラリー

データプレパレーションとは?

データプレパレーションとは、処理/分析前に生データをクレンジングして変換するプロセスです。時間のかかるプロセスですが、ビジネスインテリジェンスのメリットを得るために必要となります。今日では、セルフサービスの高機能なデータプレパレーションツールによって、これまで以上に簡単になり、効率化されています。

詳細

データ処理とは?

データ処理は、生の形態のデータを読み取り可能な形式に変換します。これによって、コンピューターがデータを解釈し、組織全体で従業員が活用できるようになります。

詳細

[ウェビナー]Talend Fall ’18の新機能

データが増えれば増えるほど、業務で使用できる環境の準備が難しくなり、さらに管理コストも増加するという問題があります。 しかし、Talend Fall ‘18の登場で、それも過去の話となります。東京のクラウドセンター、サーバーレスビッグデータをはじめとする新機能が問題を解決します。

今すぐ見る

ビジネスインテリジェンス(BI)とは?

ビジネスインテリジェンス(BI)は、情報に基づくデータ駆動型のビジネス意思決定を行うために使用されるプロセス、テクノロジー、スキル、アプリケーションです。データ収集、データ集約、分析、意思決定を容易にするための有意義な表現を含みます。

詳細

データレイクとデータウェアハウス

データレイクとデータウェアハウスは、どちらもビッグデータを格納するために広く使用されていますが、同じものではありません。データレイクは、ローデータの巨大なプールですが、その目的はまだ定義されていません。データウェアハウスは、特定の目的のために処理され、フィルタリングされた構造化データのリポジトリーです。

詳細

データマートとは?

データマートは、特定ユーザーグループのニーズに対応するサブジェクト指向のデータベースです。データウェアハウスやオペレーショナルデータストア内の情報へのアクセスを(数か月以上もかけずに)数日で実現するデータマートは、ビジネスプロセスを加速します。

詳細

データガバナンスとデータ主権:グローバルデータプライバシーのコンプライアンスを実現するための実践的な16のステップ

データ保護とサイバーセキュリティは、全世界の政府にとっても一般市民にとっても大きな懸念事項となっています。このため、多くの組織ではデータプライバシー規制に対するコンプライアンスを満たす必要が生じています。

今すぐダウンロード

Fall ’17の新機能:Data Preparation Cloud

Talendのクラウドプラットフォームで実行されるData Preparation Cloudにより、あらゆるユーザーが、データ駆動型のデータプレパレーションを実行できます。簡単かつ安全に、データにアクセスしてクレンジングできます。IoTネットワーク、クラウドアプリケーション、クラウドデータベース等、ほとんどのソースを使用できます。インストール不要、メンテナンス不要、何の問題もありません。

今すぐ見る

GDPRのコンプライアンスを実現する16ステップのデータガバナンス計画

2018年5月のGDPRの発効に伴い、データ統合アーキテクチャーにおける、データガバナンスの重要性が高まる可能性があります。オンラインフォーム、ビジネスパートナー、社内のCRM/HRシステム、もしくは自社のデータレイクのいずれから得たデータであっても、EU域内の居住者の個人データはすべてGDPRの適用対象となります。強力なデータガバナンスプログラムを導入することで、コンプライアンスを実現するためのポリシー、標準、制御を獲得できます。

今すぐダウンロード

無料レポート:セルフサービス分析

今日の企業はデータに圧倒され、収集したデータのほんの一部の分析をかろうじて行っている状況にあります。そのような中、より強固なデータ駆動型文化の構築に向け、セルフサービス分析と呼ばれる新しいアプローチを採用する企業が増加しています。

今すぐダウンロード

ESBテクノロジーのデファクト化

本ホワイトペーパーでは、TalendがESBテクノロジーをより合理的な価格で提供し、従来製品よりも入手し易く、さらにユーザーフレンドリーにすることによって、どのようにしてESBテクノロジーのマーケットをデファクト化していくのかをご紹介します。 今すぐダウンロード