フルリソースライブラリー

データパイプラインとは?

データパイプライン内で発生する重要な4つのアクションは、データ統合を実現する手段です。統合は生データから始まり、最終的に実用的な情報と知見を生成します。

詳細

データ変換の定義

データ変換は、データをあるフォーマットから別のフォーマットに変換するプロセスです。通常は、ソースシステムのフォーマットからターゲットシステムで必要とされるフォーマットに変換します。

詳細

機械学習を生かしたデータクオリティ

ビッグデータがDQの手法をどのように変えているかを学びましょう。ビッグデータによって機械学習(ML)が主流になりました。DQがMLに影響を与えたように、MLもDQの実装のあり方を変えています。

詳細

初心者向けバッチ処理ガイド

バッチ処理は、効率化とプロセスの自動化を目的として、リソースが許す範囲内で、ユーザー操作をほとんど/まったく伴わずにデータジョブを実行する方法です。

詳細

データレイク:目的、プラクティス、パターン、プラットフォーム

先端的なデータ管理専門化を対象に実施されたTDWIの調査から、データレイクの実装を成功させるための12の優先事項が明らかになりました。適切なツールを使用することで、データレイクはセルフサービスのデータアクセスを実現し、データウェアハウジング、アナリティクス、データ統合などのデータ駆動型ソリューションのプログラムを拡張します。

今すぐダウンロード

HDFSでのデータの読み書き

このチュートリアルでは、ランダムデータを生成してHDFSに書き込みます。次に、HDFSからデータを読み取り、ソートして結果をコンソールに表示します。

今すぐ見る

データプレパレーションとは?

データプレパレーションとは、処理/分析前に生データをクレンジングして変換するプロセスです。時間のかかるプロセスですが、ビジネスインテリジェンスのメリットを得るために必要となります。今日では、セルフサービスの高機能なデータプレパレーションツールによって、これまで以上に簡単になり、効率化されています。

詳細

ストリーミングデータとは?

Kafkaなどのストリーミングデータフレームワークによって、スケーラブルで柔軟な方法でストリーミングデータを移動/処理できるようになりました。

詳細

[ウェビナー]Talend Fall ’18の新機能

データが増えれば増えるほど、業務で使用できる環境の準備が難しくなり、さらに管理コストも増加するという問題があります。 しかし、Talend Fall ‘18の登場で、それも過去の話となります。東京のクラウドセンター、サーバーレスビッグデータをはじめとする新機能が問題を解決します。

今すぐ見る

ビッグデータの未来

ビッグデータとは、業務を改善するために莫大な量のデジタル情報を収集、分析、使用することを指す一般的な用語です。ビッグデータによって、私たちの生き方、ショッピング、そして日常生活のアプローチが急速に変化しています。ビッグデータとはどのようなもので、どのように活用できるのかを説明します。

詳細

ETLテスト:概要

ETLテストとは、レコードの重複やデータの損失を防ぎながらデータの正確性の検証/確認/保証を行うために、ETLプロセス全体に適用されるテストを指します。ETLテストの8つの段階、9種類のテスト、一般的な課題、最適なツールの見つけ方などを紹介します。

詳細

データレイクとは?

データレイクは、多数のソースからのビッグデータを元のままの形式で保持する中央ストレージリポジトリです。データレイク形式のメリットは魅力的であり、多くの組織がデータウェアハウスからデータレイクに切り替えています。データレイクの特長、データレイクの使用が拡大している理由、データレイクを構築する方法について紹介します。

詳細


ページを表示しています of 2