「 当社のビジョンは、社内のあらゆる業務の中核にデータを配置することです。定型業務、顧客エンゲージメント、意思決定は、すべてビッグデータとアナリティクスに基づいています。 」
Tipico社 データ/ビジネスインテリジェンス責任者 Adrian Vella 氏
50TB
50TBのクラウドデータプラットフォーム
GDPRへのコンプライアンス
新しいGDPR標準に準拠するデータクオリティ
数倍に向上
生産性の向上

ゲームのエクスペリエンスを向上するためにクラウドとリアルタイムに注力

Tipico社は、ドイツのオンライン/小売ビジネスで市場をリードするスポーツベッティングプロバイダーです。デジタルトランスフォーメーションの一環として、同社は大部分のITソリューションをクラウドで運用することを決定しました。そのための最適なアーキテクチャーとして選ばれたのが、Talendでした。同社は、Amazon Web Service(AWS)で完全に動作する50TBの最新クラウドデータプラットフォームを実装しました。

リアルタイムのセルフサービスアクセスおよび AI/データサイエンスモデルを提供するこの統合されたビューは、新しいGDPRの標準に準拠しながらカスタマーエクスペリエンスを大幅に改善しました。結果として、Tipico社はデータを全面的に活用することができ、インテリジェントな処理によりあらゆる定型業務の自動化が可能になりました。

関連情報