「 私たちはTalendを使用して450万世帯からデータを集めまています。部門構造および集中管理、建設、公営住宅のストックおよび家の修繕に関する詳細情報を提供することができます。」

エコロジー・環境維持開発・交通・住宅省(Ministry of Ecology, Sustainable Development, Transportation and Housing )住宅統計局プロジェクトマネージャーOliver Cordellier氏

15のBIプロジェクト

15のBIプロジェクトがTalendによって可能に

8地域

8地域が簡単にコラボレーション

追加費用なし

既存のJavaスキルを活用できるため追加トレーニング費用はゼロ

住宅の状態をそれぞれの自治体で分析

エコロジー・環境維持開発・交通・住宅省(MEDDE)の目的は、より持続可能なビジネスプラクティスの成長と採用を奨励することです。 当然ながら、MEDDEは新しいプロジェクトが出てくる度に一からやり直すのではなく、既存のコンポーネントとスキルを活用できる、より産業化された方向にITインフラを移行することを希望していました。

この取り組みの一部として、MEDDEはTalend Data Integrationを選択しました。その結果、MEDDEはデータ統合に費やす時間とコストを削減し、代わりにリソースを15の新たな戦略的ビジネスインテリジェンスプロジェクトに投入しています。

データ収集範囲は数か月間内で拡大し、現在は450万戸をカバーしています。 プロジェクトマネージャーと地域団体にはダッシュボードが配布され、公共住宅向けの州基金の監視が促進されています。部門構造や集中管理において、建設(建築許可、住宅の大きさなど)や公営住宅のストック(住宅の種類、入居率など)および家の修繕などに関する詳細情報が提供されており、地方自治体が住居の状況や住宅事情を分析するために役立っています。

Talend製品

data-management

Data Integration

統合データのビジネスニーズに対応製品の詳細情報無料トライアル