「 Talendを利用して私たちは、水、温度、電気、汚染、騒音データなど、あらゆる種類のデータを収集し、それらをスマートシティにおける革新的な公共サービスを開発するために解析しています。」
M2OCITY社IT部長 XAVIER DIAB氏
230万
3,000の都市に分布しているスマートセンサーの数
1億4000万
1週当たりのメッセージ数
600万
1日当たりのクライアントデータの数

スマートシティの発展を加速

フランスでは毎年、大都市の水道系統の水漏れにより飲料水の25%が無駄になっています。m2ocity社は、水道メーターの遠隔読み取り作業を産業化することを目的として、2011年にVeolia社の一部門として設立されました。 Talend Realtime Bigdataのおかげで、事前に水漏れ箇所を突き止めることができるようになりり、無駄を削減することと同時に、近隣全体を給水停止にしたり、重労働に頼る必要もなくなりました。

スマートな水道管理以外にも、m2ocity社が考えているサービスがあります。道路の騒音レベルを記録する、空き駐車スペースをリアルタイムで表示する、あるいはごみ管理費用に関して年間20%の節約をするために回収シフトを最適化するなどです。 現在では、地方自治体、企業そして公共機関のサービス管理者1万人は、m2ocity社が運営するウェブポータルを介して容易にデータにアクセスできます。

関連情報