「 私たちの移行プログラムは極めて複雑でした。もし何かがうまくいかなかったら、銀行を閉鎖することになっていたでしょう。」
LANDESBANK BERLIN AG銀行 システムアーキテクト JAN PENNÉ氏
2TBのデータ
毎日2TBのデータが発生し処理
1000以上のインターフェース
1000以上のインターフェースをJava実行ファイルとして実行
1つのプロセス
すべての情報ロジスティックスおよびインターフェース接続に対して1つのプロセスで完了

コアバンキングシステムの近代化

増え続けるアカウントデータ量に対処するためLANDSBANK BERLIN銀行は既存のコアバンキングシステムの近代化を必要としていました。 しかし、銀行にとって、新たなシステムを実装することは心臓切開手術を施すことに等しいのです。 そのためには徹底的に高度な運用をする必要があり、変更作業を完璧に実施しなければなりません。さもなければ銀行機能全体が停止してしまいます。

LANDSBANK BERLIN銀行のシステムの移行プロジェクトは極めて複雑で、実施までに約3年を要しました。 2011年に、この困難な移行プロジェクトをTalend Data Services/ESBを使用して成し遂げました。

Talendのテクノロジーは成功のための重要な要因でした。 同銀行は現在、すべてのデータおよびアプリケーションを対象とする均質な統合プラットフォームがあり、さらには効率化されたワークフローおよび毎日2TB程度のデータを処理するための信頼できるシステムを保有しています。

関連情報