「 Talend MDMのおかげでKIVAグループは、MDM(マスターデータ管理)対応CRM(顧客関係管理)スイート内で競争力のある差別化要因を確立し、金融サービス業界のニーズに対応することができるようになりました。」
KIVAグループ創業者/社長 MIKE BAKER氏
4万以上
4万以上の顧客関係
統一ビュー
顧客関係の統一ビュー

金融関係の顧客に対し、もっとも関連したオプションを、優先度とニーズに合わせて個別化して提供

KIVAグループが提供するRespect™ソリューションは、顧客対応アプリケーションを統合するためのアプリケーションスイートで、北米、東南アジア、欧州、中東およびアフリカ全域の信用組合およびその他の金融機関がその顧客に対し、すばらしい顧客体験を提供するために活用されています。

KIVAグループは同社が提供しているCRMソリューションで顧客データ管理を操作可能にすることで、データ品質を向上させたいと願っていました。そのためTalend MDMを顧客対応アプリケーションに組み込みました。 Talend MDMはKIVAグループのソリューションのための基礎的なデータ品質を提供するのみならず、いわゆる「データスチュワード」の役割を果たす専用ツール/アプリケーション、例えば、マスターデータにアクセスまたはオーサリングするためのウェブユーザーインターフェースや必要な場合にはデータ品質問題を手動で解決するためのデータスチュワードシップコンソールも提供しています。

Kivaグループは金融業界のサービスプロバイダー向けのTalend MDMを使用したRespectシステムを導入し、寄せ集めだったCRM、ケース管理およびサポートチケッティングシステム用の部門内ソリューションを置換えました。 またこのシステムは、カスタマーサービスシステムおよびサポートシステムに即座に影響を与え、顧客関係の統一化ビューを作り出しました。