"私たちはTalendを使用することでパナマ文書を解読することに成功しました。極秘のオフショアカンパニーの企業情報とそれらに隠れた人々の間を「点と点を繋げて」いったのです。"
ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合) データ&調査ユニット部門長 MAR CABRA氏
オフショア企業21万社
21の管轄地域にまたがるオフショア企業21万社のリスト
140名の政治家
50以上の国から140名の政治家がタックスヘイブンの会社につながっていた
7000万のページビュー
世界中の国からのベージビュー

オープンデータを使用した革命的な調査ジャーナリズム

パナマ文書は、2.6TBのデータと1150万の文書を含む、ジャーナリズム史上最大量のリークファイルと国境を超える調査でした。 1年間で80か国の400名以上の記者が、この大量の情報発見に身を投じ、どのようにオフショア経済が作用しているのかを暴きました。 漏洩したファイルの中には、世界中の優良企業から得たハイレベルなクライアントの秘密がありました。

調査には、何十ものフォーマットで記載された何百万ものファイルを処理する、クラウドを介してリモートでファイルを利用できるようにする、当事者を見つけるために企業の内部クライアントデータベースを再構築する、といった、多くの困難な課題がありました。
Talend Big Dataはこういった課題の多くを解決し、新たな考察を得るための一貫した方法を提供する手段になりました。

Talend製品

Big Data Integration
ハンドコーディングせずビッグデータのスピードとスケールを実現

製品の詳細情報