「 Talendは当社の情報システムとジュネーブ州とのやりとりを可能にしました。 この連携は福祉を必要とする人々にとって明らかな利益となります。」
HOSPICE GÉNÉRAL IS部アシスタントヘッド GILLES SOLER氏
2、3日の短縮
Talend ESBを使用することで毎週一人当たり2、3日の短縮
100のインターフェイス
Talendによって100のアプリケーションインターフェイスを管理
セルフサポート
オープンソーステクノロジーによるセルフサポート方式のIT処理

恵まれない人に対する福祉の向上

Hospice Généralはジュネーブ州の社会政策を実行する独立した公共機関です。 同機関はその時間と労力のほとんどを社会的支援と救護施設の提供に費やしています。 同機関では、ITシステムのポイント・ツー・ポイントのアプリケーション間インターフェイスを保守すること、特に継続させることが次第に困難になってきていたため、情報システムの大掛かりな近代化プログラムを計画しました。

このプログラムの一部として、Talend Application Integration/ESBを展開し、すべてのインターフェイスを確認、均一化そして一元化して、同機関のアプリケーションとその提携先のアプリケーション間でやり取りができるようにしました。 これにより、今では異なる部門から生じるデータの収集と統合をTalend ESBが指揮しています。

同機関のIT部門は今では以前よりも独立し、独自のソリューションを提供するベンダーに頼る機会が削減しました。 データの品質に関して言えば、同機関が外部提携先とデータを交換する場合に困難を経験することはもはやありません。The change has clearly benefited the organization's business users, and with them, the institution as a whole, which has become more reactive, dynamic and efficient.

関連情報