「 Talendを使うことで、雑誌や本のライフサイクル全体を入念に追跡し、生産を合理化し、マーケティングをサポートするためにリソースをより効率的にスケジュールできるようになりました。」
エルゼビア社 開発マネージャー データ考察/インテグレーション VIPUL VYAS氏
35
35種類のシステムを統合
50
50年間のデータにアクセス

内部作業をオープンにする

1880年に設立されたエルゼビア社は、伝統的な学問に特化した小さなオランダの出版社から国際的な情報分析事業へと進化してきました。 デジタルへの移行によってビジネスのスピードが増したことにより、GDPR(一般データ保護規則)およびSOX(サーベンス・オクスリー法)といった法令の遵守を維持したまま情報提供およびデータ処理をより迅速に実施する必要があることに気付きました。

エルゼビア社ではTalendをAWS上に展開しましたが、デプロイメントアーキテクチャは「クラウドプロバイダーに依存しない」ままにし、複数のクラウド環境における水平スケーリングを可能にしました。 Talendは重要な販売、運用および顧客考察の報告のためのデータをデータウェアハウスにロードするために使用されます。 Talendを導入したデータベースのもう一つ例としては、ビジネスインテリジェンスシステムがあります。これによりマネージャーは雑誌や本をそのライフサイクルにわたって入念に追跡し、生産の合理化とマーケティングをサポートするためにリソースをより効率的にスケジュールすることが可能になります。

関連情報