「 当社は、ビジネスインテリジェンスシステムと高度アナリティクスを展開することを目指しましたが、最初に既存のアーキテクチャーを合理化・標準化する必要がありました。そして、現在はピザを売るEコマース企業へと進化しました。このデジタルトランスフォーメーションで、Talendから大きな支援を受けました」
ドミノ・ピザ社 グローバルインフラストラクチャー&エンタープライズインフォメーションマネジメント担当バイスプレジデント Dan Djuric 氏
17TB
データ量
85,000 データソース
構造化データと非構造化データ
顧客エンゲージメントの強化
およびビジネスパフォーマンスの向上

ピザの注文データを使いこなす

ドミノ・ピザは、1960年に設立され、Amazon Freshなどの食品配送サービスが最強の競合相手として台頭する中でも、宅配と持ち帰りの両分野で業績を上げ続け、世界最大手のピザチェーンの地位をキープしています。ドミノ・ピザのDomino’s AnyWareは、スマートウォッチ、テレビ、車載システム、SNSプラットフォームなど、顧客があらゆる媒体からピザを注文できるようにしたサービス名で、「どこでも」の意味が込められています。同社は、これらのチャネルを経由してあらゆる場所に蓄積されるデータに、競争優位を保つための重要な潜在能力があることに気づきました。

Talend Data Fabricを使用してデータトラッカーを構築し、ドミノ・ピザのすべてのPOSデータと26のサプライチェーンセンター、そしてチャットのテキストメッセージ、Twitter、Pebble、アンドロイド、Amazon Echoなど、すべてのチャネルからのデータを収集しました。その結果、ドミノ・ピザは、最先端のデータプラットフォームを活用した信頼できる「唯一の情報源(single source of the truth)」を基盤に、一人一人の顧客に合わせた様々なタッチポイントでの販売方法を提供しつつ、ロジスティックから財務予測まで、ビジネスパフォーマンスを向上させています。