「 消費者のデータをクレンジングし、統合することによって、今日の消費者が求めるパーソナライズされた体験を提供できます。」
Carhartt社 データ戦略/アナリティクス担当バイスプレジデント Steve Brennan 氏
5万件の消費者情報
の重複排除
ターゲットをより絞ったマーケティング
を実現
カスタマーエクスペリエンス
の強化

オムニチャネルの世界でカスタマーエクスペリエンスを向上

1889年の創業以来、米国の高品質ワークウェアブランドとして知られるCarhartt社は、消費者が自社のWebサイトや実店舗で直接ブランドに接する場合でも、小売パートナーを通じて接する場合でも、一貫して高いエクスペリエンスを提供できるよう常に気を配っています。カスタマーエクスペリエンスを均一化し顧客との関係向上を図るには、顧客の詳細な情報を得ることが重要です。

Carhartt社は異なるデータソースを関連付けて1つの消費者プロファイルにできる方法を求めていました。同社は、非常に短期間でTalend Data QualityとMDMを立ち上げ、複雑なオムニチャネル環境を通過するプロファイルのデータクオリティを一元化して監視できるようにしました。

関連情報