「 直感的なセルフサービスのデータプレパレーションとデータ統合を組み合わせることで、組織全体でデータ活用が促進され、毎月の締め切りに合わせて、さまざまな国のお客様の納税申告書を用意できるようになりました。 」
Avalara社 データサービスアーキテクト Chris Potter氏
毎年、数十億件におよぶ間接税処理
データを手動で処理していた時に比べ78%の時間の節約

国際企業の税務問題を自動的に解決

Avalara, Inc.では、あらゆる規模の企業に対し、VAT、消費税、利用税、物品税、通信税などさまざまな税に関するコンプライアンスを支援しています。 Avalaraが構築した自動化ソリューションでは、Talend IntegrationがAvalaraの顧客のEコマースサイトやマーケットプレイスから税務データファイルを取得しています。 Talend Data Preparationの役割は、データセットのクレンジングと変換、固有のレシピによるフォーマットの実行、さらに税務エンジンのような対象となるアプリケーションに統合するための最終データをアウトプットすることです。税務エンジンは税額を計算し、各税務当局への支払いに合わせて顧客に納税申告書を送付します。

Talend Data IntegrationとTalend Data Preparationを組み合わせることで、Avalaraは自動システムに同じタスクを一貫して処理させ、リスクを減らすことができました。 Avalarはまた、より複雑なデータとフォーマットを処理できるようになり、手動による労力を大幅に減らすことに成功しました。 さらに、Avalara’s Managed Returns (MRS) ユニットを拡張し、締め切りを守りながらより多くのお客様にサービスを提供できるようになりました。

関連情報