「 このテクノロジーを基盤にしていなければ、水道事業の運営も、水の供給というコミットメントの遂行も困難を極めたと思います。また、規制当局から制裁金を課せられるリスクも生じた可能性があります 」
Affinity Water社 エンタープライズソリューションアーキテクト David Clifton氏
コスト中立的
より効果的なIT運用
制裁金を回避
規制当局への対応、事業へのコミットメントの遂行
数日から数分へ
レポート提出を高速化

水道資産を把握し、規制当局や顧客からの要求に対応

2,000人の従業員を抱え、英国内3地域360万の一般家庭/法人顧客に毎日9億リットルの水道水を供給しているAffinity Water社は、水不足や干ばつ対策に追われる一方で、増え続ける需要にも対応していかなければなりません。同社のこのような状況を支えているのは、Amazon Web Services(AWS)、Talend Data Management、Datalytyx社の高い技術力です。インターネット接続されたスマートメーターを含む複数のデータソースからデータを収集し、データレイクにロードすることで、管理や分析を容易に実行できるようにしています。

TalendとAWS Redshiftを使用することで、従来は数時間から数日かかっていたレポート作成を数分で実行できるようになりました。また、水道メーターの自動読み取りとスマートメーターを使って、水道網の状況をリアルタイムに把握しています。これにより漏水を素早く検知して対応し、顧客への課金を減らせるようになったほか、規制当局の要求や顧客の需要にも合わせられるようになりました。

Talend製品

big-data
Data Management
統合データのビジネスニーズに対応

製品の詳細情報

関連情報