「 クラウドへの移行に乗り出すうえで、クラウドの世界に構築され、クラウドとオンプレミスの間でシステムの安全なやりとりを可能にするTalendが最適な選択肢となりました」
アンハイザー・ブッシュ・インベブ社、データ戦略&ソリューションアーキテクチャー担当グローバルディレクター Harinder Singh 氏
100以上
のソースシステムを統合
6か月から6週間へ
コードの再利用により開発期間を短縮
23から1へ
統合ツールを削減

最高のカスタマーエクスペリエンスを醸成

世界最大手のビールメーカーであるアンハイザー・ブッシュ・インベブ(AB InBev)社は、 IoTデバイスを含む、種類/システム/場所の異なる膨大なソースからデータを抽出し、データディスカバリーに使用しています。これにより、顧客の好みを深く理解し、店舗やバーでのカスタマーエクスペリエンスを向上させ、サプライチェーンを最適化して商品開発などに生かしています。

同社のエンタープライズデータハブはAzureクラウドに置かれています。