クラウドでスピーディに革新するための5つのベストプラクティス:ヒント #3 セルフサービスアプリケーションへのアクセスと使用を可能にする

クラウドでスピーディに革新するための5つのベストプラクティス:ヒント #3 セルフサービスアプリケーションへのアクセスと使用を可能にする

  • David Talaga
    David Talaga is Senior Product Marketing Manager for Data Governance at Talend. David has a rich and diverse marketing experience, including strategic, field, and product marketing roles in data-driven organizations. After graduating from EDHEC, David started his career as a Data analyst in the Healthcare Industry. In 2000, he joined Dassault Systèmes where he held several senior positions, notably heading up the technology partnership program in Augmented Reality and the strategic alliance with Microsoft. In 2006, David joined Microsoft as Product Marketer for the Software Engineering Product Line. In 2014, he became Marketing Manager for a new EdTech Offering at John Wiley and Sons before joining Talend as Product Marketing for Data Governance Solutions.

Talendブログチームは、クラウドでスピーディかつ安全にデータプロジェクトを開始するための有益なヒントの発信を開始しました。今週は、3番目の性能である「セルフサービスアプリケーションへのアクセスと使用を可能にする」についてです。

データ専門家は、必要なデータにアクセスし、それを適切なビジネスコンテキストに応じて活用するまでに多くの時間を費やしているという、非効率性の問題に直面しています。データの価値をビジネスに最大限活用するには、各分野の専門家に信頼できるデータを必要なときに提供できることが大切です。

それが重要である理由

時間と労力を削減することで、コストを抑えるだけでなく、より多くの価値をデータから抽出できるようになります。IDCの調査によると、データ専門家がビジネスに役立つデータを得るための情報分析に費やす時間は、全体の作業時間の内わずか19%であることがわかっています。最近のIDCの調査によると、データ専門家がビジネスに役立つデータを得るために情報の分析に費やす時間は、作業時間全体の内のわずか19%であり、、81%の時間をデータの準備や保護に費やしていることが明らかになりました。つまり、多くの時間(IDCは1週間当たり12時間と推定)が無駄な作業に費やされていることになります。課題は、顧客のデータ資産に明確性、透明性、アクセシビリティをもたらすことによって、これらの問題を克服することです。

 

いつ重要になるのか

データ専門家は、企業にとって貴重な人材です。データエンジニアやデータサイエンティスト、データアナリストは、それぞれの役割に適した最新のツールを使用して効率化を図ることができないと感じると、企業を去っていくでしょう。

当社が発行した最新の「信頼できるデータの準備に関するレポート」によると、データ運用担当者の29%は、データアクセスの開放やセルフサービスを介した信頼性の高いデータへのアクセス権の付与に関して、自社が優れているわけではないと考えていることが明らかになりました。

Data Trust Readiness Reportをダウンロードする
今すぐダウンロード

 

Talendのツールがどのように役立つのか

データの取り込みとセルフサービスのアプリケーションの利用を繋ぐために、他との違いを生じさせることを支援する基本的な2つの要素があります。それは簡潔さとアクセシビリティです。

簡潔さは、シンプルなのにパワフルなデータ処理によってあらゆるデータユーザーを気楽にさせる、現代的で直感的なユーザーインターフェイスによってもたらされます。また、データ操作を最小減にし、支援を提案し、迅速に学習し成長するためのヘルプやチュートリアルの提案を行うインテリジェントソフトウェアであることを意味します。

アクセシビリティは、誰でもより良いアクセスを取得し、移行および更新段階の障害を取り除くことができるクラウドプラットフォームによってもたらされます。

データユーザーは複雑な操作や操作しづらいテクニカルインターフェイスで時間を無駄にすることはできません。そのためどちらの要素もセルフサービスアプリケーションをデータユーザーに提供する重要なキーになります。 

過去数年間に渡ってTalendは、データの使用を拡張および簡素化したい顧客の要求事項を、現代的なクラウドベースのアプリケーションへと統合してきました。Talendは、組織内のあらゆる役割に対して必要に応じてデータを提供することを目的とした、データプレパレーションとデータスチュワードシップ用にシンプルでアクセスしやすい役割ベースのアプリケーションを開発しました。

データスチュワードシップによるセルフサービスのデータキュレーション

Talend Data Stewardshipにより、誰もが簡単にデータをクリーニングし、認証し、調整することができます。簡単に言えば、これはビジネスの専門知識をデータパイプラインに戻す最良の方法です。セグメンテーションで強化する必要のある顧客レコードを考えてみましょう。それぞれの顧客に対してどのセグメントが最適であるかを判断できるのは(データエンジニアではなく)ビジネスアナリストだけです。チームベースのワークフローのアプローチを使用することで、組織全体でデータの専門家にキュレーションのタスクを割り当て、進捗や監査を追跡することが可能になります。

Talend Data Stewardshipを使用することで、データがオンプレミス、クラウドまたはハイブリッドインフラストラクチャのどれに格納されているかにかかわらず、あらゆるデータに対して即座にリモートコントロールを実行できます。Talend Cloudの一部として、瞬時にアップデートを行ってダウンタイムを最小限に抑えます。こちらのビデオで、その方法を説明します。

Talend Data Preparationによるセルフサービスのデータクレンジング

Talend Data Preparationは、分析や他のデータ主導型タスクのための面倒で時間のかかるデータプレパレーションのプロセスを簡素化、迅速化することで、情報ワーカーの作業時間を短縮できるセルフサービスアプリケーションです。これにより、データを最もよく知るビジネスユーザーと、IT部門やリスクマネジメント部門などのデータへのアクセスしやすさやガバナンスに関する規則や方針を定義する中央組織とのコラボレーションを促進します。Talend Data Preparationにはデータワーカーがより良いデータを迅速に提供するための機能を有効にする最新の優れたAIが備わっています。そのうちの一つが、Magic Fillです。 

この新しい機能は、TalendのSummer Releaseに含まれています。(その他の素晴らしい機能はこちら)。これにより、いくつかの例からパターンを定義し、機械学習アルゴリズムを使用してデータ列全体に変換を適用できるようになります。Magic Fillでは、あらゆる種類のデータで多くのフォーマット化が可能です。これは、AIアシスタントおよびセルフサービスを介して、Talendがどのようにデータアクセスを提供するのかを示すスピードの要素についての完璧な例です。Magic FillのようなパワフルなAI機能を使用することでのみ、業務運用におけるデータの活用を劇的に加速させることが可能になります。


図1 MagicFill : それがどのように行われたのかを知っていても、まるで魔法のようです。

どのように始めるか:

リアルタイムのデータ処理は、極めて重要です。従来のバックオフィスやバッチ指向システムからデータを取り出し、フロントオフィス全体にリアルタイムでデータを配信することができるクラウドベースの最新システムに投資することは組織の意欲にも大きく左右されます。エッジからコアまで、新しいデータソースを統合するために必要なシステムについては、Talendの『データ統合徹底解説』をダウンロードしてご覧ください。

 

Talend Cloudを使ってみましょう。ビルトインのチュートリアルも準備しましたので、スピーディに学ぶことができます。
Talend Data Preparationの無料トレーニングを提供していますので、自由に練習いただけます。

クラウドでスピーディに革新するための5つのベストプラクティス:ヒント #3 セルフサービスアプリケーションへのアクセスと使用を可能にするをダウンロードする
詳細

 

 

ディスカッションに参加

0 Comments

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *