2015年219日

データ統合のリーダーであるTalendが2014年に記録的な業績を達成

2015年2月18日、米国カルフォルニア州レッドウッドシティ発 — 国際的なビッグデータ統合ソフトウェアのリーダーであるTalendは本日、2015年度開始にあたり強力な売り上げ成長を発表しました。Talendは2014年に過去最高売り上げを記録しました。全体的な成長は、サブスクリプションの契約更新、製品販売の追加や増加および、Talendのビッグデータ統合とマスターデータ管理ソリューションの新規顧客のサブスクリプションの伸びによるもので、各々122%と86%増加しました。ビッグデータの販売は今や新規サブスクリプションの25%までになっています。2014年に獲得した新規顧客は、大規模な公共部門や、ヘルスケア、金融、小売りやテクノロジーなどの幅広い業界の代表的な企業を含む約100社です。   「2014年の当社の業績を大変誇りに思っています。記録的な売り上げと新規顧客獲得に加えて、重要な開発のマイルストンに出会い、また顧客成功プログラムを継続的に強化し続け、強力なリーダシップチームを作りました。より多くの企業がデータ駆動の必要性を認識し、Talendのユニークなツールをプロセスの合理化に取り入れるようになるため、2015年の当社の更なる成長を期待していています。」とTalend社CEOマイク・トゥーケンは述べています。   強力な新規販売と契約更新に加え、Talendのオープンソース製品と商用ソリューションの試用版への関心が劇的に増加しています。データクオリティからアプリケーション統合までTalendの無料オープンソースツールのダウンロード数は2014年に60%増加しました。また、Talendのビッグデータ統合とHadoopをすぐに使えるテストシナリオ付のTalendのBig Data Bandboxのインストールを含む、フルバージョンの試用版のお申し込みは125%に急増しました。   増加する営業のお問い合わせに応えるため、Talendは2015年に欧州でVARプログラムを拡大します。加えて、グローバルセールスと顧客成功チームに新たに中央US地域を加えます。2015年のTalendの販売目標を支えるのは、年間を通じた数多くの主要な製品リリースとアップデートのロードマップです。   Talendの統合ソリューションは、企業が進化するビジネスニーズを満たすために、小規模に始めて無限大に拡張することができます。Hadoopとビッグデータに完全に最適化されたTalendの製品ポートフォリオは、データ統合、アプレイケーション統合、マスターデータ管理およびデータクオリティが連携しており、単一のデザイン環境とメタデータセットに統一されています。同ソリューションでIT部門は簡単にデータサイロに接続して、生データを実用的な洞察する基本である「正しい唯一のバージョン」を作成することができます。     Talend について Talend の統合ソリューションにより、データドリブンの組織は、あらゆるデータから価値を得ることが出来ます。Talend は、最新のビッグデータプラットフォームをネイティブにサポートすることで、データ統合にまつわる複雑さを排除出来るため、IT 部門は、ビジネス要求により迅速に対応可能になり、発生する費用も想定することが出来ます。Talend のソリューションは、オープンソースのテクノロジーをベースとしており、拡張性が高く、常に最新であり、データ統合に関する、今後も増大するあらゆる要求を解決します。Talend は米国カリフォルニア州レッドウッド市に本社をおく非公開企業です。詳細はwww.talend.comをご覧いただくか、Twitterで@Talendをフォローして下さい。


2015年219日

データ統合のリーダーであるTalendが2014年に記録的な業績を達成

2015年2月18日、米国カルフォルニア州レッドウッドシティ発 — 国際的なビッグデータ統合ソフトウェアのリーダーであるTalendは本日、2015年度開始にあたり強力な売り上げ成長を発表しました。Talendは2014年に過去最高売り上げを記録しました。全体的な成長は、サブスクリプションの契約更新、製品販売の追加や増加および、Talendのビッグデータ統合とマスターデータ管理ソリューションの新規顧客のサブスクリプションの伸びによるもので、各々122%と86%増加しました。ビッグデータの販売は今や新規サブスクリプションの25%までになっています。2014年に獲得した新規顧客は、大規模な公共部門や、ヘルスケア、金融、小売りやテクノロジーなどの幅広い業界の代表的な企業を含む約100社です。   「2014年の当社の業績を大変誇りに思っています。記録的な売り上げと新規顧客獲得に加えて、重要な開発のマイルストンに出会い、また顧客成功プログラムを継続的に強化し続け、強力なリーダシップチームを作りました。より多くの企業がデータ駆動の必要性を認識し、Talendのユニークなツールをプロセスの合理化に取り入れるようになるため、2015年の当社の更なる成長を期待していています。」とTalend社CEOマイク・トゥーケンは述べています。   強力な新規販売と契約更新に加え、Talendのオープンソース製品と商用ソリューションの試用版への関心が劇的に増加しています。データクオリティからアプリケーション統合までTalendの無料オープンソースツールのダウンロード数は2014年に60%増加しました。また、Talendのビッグデータ統合とHadoopをすぐに使えるテストシナリオ付のTalendのBig Data Bandboxのインストールを含む、フルバージョンの試用版のお申し込みは125%に急増しました。   増加する営業のお問い合わせに応えるため、Talendは2015年に欧州でVARプログラムを拡大します。加えて、グローバルセールスと顧客成功チームに新たに中央US地域を加えます。2015年のTalendの販売目標を支えるのは、年間を通じた数多くの主要な製品リリースとアップデートのロードマップです。   Talendの統合ソリューションは、企業が進化するビジネスニーズを満たすために、小規模に始めて無限大に拡張することができます。Hadoopとビッグデータに完全に最適化されたTalendの製品ポートフォリオは、データ統合、アプレイケーション統合、マスターデータ管理およびデータクオリティが連携しており、単一のデザイン環境とメタデータセットに統一されています。同ソリューションでIT部門は簡単にデータサイロに接続して、生データを実用的な洞察する基本である「正しい唯一のバージョン」を作成することができます。     Talend について Talend の統合ソリューションにより、データドリブンの組織は、あらゆるデータから価値を得ることが出来ます。Talend は、最新のビッグデータプラットフォームをネイティブにサポートすることで、データ統合にまつわる複雑さを排除出来るため、IT 部門は、ビジネス要求により迅速に対応可能になり、発生する費用も想定することが出来ます。Talend のソリューションは、オープンソースのテクノロジーをベースとしており、拡張性が高く、常に最新であり、データ統合に関する、今後も増大するあらゆる要求を解決します。Talend は米国カリフォルニア州レッドウッド市に本社をおく非公開企業です。詳細はwww.talend.comをご覧いただくか、Twitterで@Talendをフォローして下さい。


2015年114日

TalendはHortonworksと組んで ビッグデータプロジェクトをリアルタイムに提供

米国カルフォルニア州レッドウッド市– 2015年1月13日 –世界的な ビッグデータ 統合ソフトウエアのリーダーであるTalendは、最新のApache™ Hadoop® の延長であるApache Stormのプレビュー版をサポートすることにより、Hortonworks® への参画を強化しました。Talend 5.6ではApache Stormは金融取引、マシンセンサーの出力、およびWebクリックストリームなどの急速に変化するストリーミングデータを取り込み、リアルタイムに応答するには理想的であり、これは収益に大きな影響を与えます。 「HortonworksはApache Hadoopのエコシステムの拡大、強化、100%オープンソースの企業向けHadoopの改革と導入促進に努めています。最新のHadoop関連機能を採用することで、Talend 5.6は幅広いお客様にApache Stormのメリットを訴求することでしょう。」と、Hortonworks社戦略マーケティング担当バイスプレジデント John Kreisa氏は述べています。 Hortonworks認定テクノロジーパートナーであるTalendは、ネイティブHadoopコードを生成し、Hadoop内で直接データ変換を実行し、使いやすいグラフィカルな開発環境を提供することでデータジョブデザインの効率を劇的に向上させます。Talendでユーザは異種システムから大規模かつ多様なデータセットを素早くロード、抽出、変換することができます。 「Talend 5.6とApache Stormのようなより迅速なデータ統合ソリューションで、ユーザはより速く分析しリアルタイムに意思決定することが可能になり、以前できなかった競争優位性を達成できます。オンライン販売や金融サービスプロバイダーなど多くのビジネスが、販売につながるまたは顧客を失うという違いに直結する高品質データを入手可能になります。」とTalend社チーフマーケティングオフィサーのAshley Stirrupは述べています。 Stormと同様に、Talend 5.6はフォールトトレラントなパブリックサブスクライブ メッセージングシステムであるApache Kafkaもサポートしています。KafkaはApache Stormと組み合わせてストリーミングデータのリアルタイム分析とレンダリングに使用出来ます。   Talend 5.6について データドリブン企業を連携、推進するというTalendのコミットメントを強化し、Talend 5.6 はビッグデータの生産性とプロファイリングのための新たなベンチマークを設定し、モノのインターネット (IoT)デバイスへの接続性を拡張しました。更に、最新のHadoop拡張機能をサポートすることで、大幅にパフォーマンスを改善し、リアルタイムかつオペレーショナルなビッグデータプロジェクトを可能にします。 Talend について Talend の統合ソリューションにより、データドリブンの組織は、あらゆるデータから価値を得ることが出来ます。 Talend は、最新のビッグデータプラットフォームをネイティブにサポートすることで、データ統合にまつわる複雑さを排除出来るため、IT 部門は、ビジネス要求により迅速に対応可能になり、発生する費用も想定することが出来ます。Talend のソリューションは、オープンソースのテクノロジーをベースとしており、拡張性が高く、常に最新であり、データ統合に関する、今後も増大するあらゆる要求を解決します。Talend は米国カリフォルニア州レッドウッド市に本社をおく非公開企業です。詳細はwww.talend.comをご覧いただくか、Twitterで@Talendをフォローして下さい。 ◆報道関係者・読者お問い合わせ先 Talend 株式会社 マーケティング 重見英子 TEL:03-6427-6370    E-mail:prjp@talend.com 記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。


2015年114日

TalendはHortonworksと組んで ビッグデータプロジェクトをリアルタイムに提供

米国カルフォルニア州レッドウッド市– 2015年1月13日 –世界的な ビッグデータ 統合ソフトウエアのリーダーであるTalendは、最新のApache™ Hadoop® の延長であるApache Stormのプレビュー版をサポートすることにより、Hortonworks® への参画を強化しました。Talend 5.6ではApache Stormは金融取引、マシンセンサーの出力、およびWebクリックストリームなどの急速に変化するストリーミングデータを取り込み、リアルタイムに応答するには理想的であり、これは収益に大きな影響を与えます。 「HortonworksはApache Hadoopのエコシステムの拡大、強化、100%オープンソースの企業向けHadoopの改革と導入促進に努めています。最新のHadoop関連機能を採用することで、Talend 5.6は幅広いお客様にApache Stormのメリットを訴求することでしょう。」と、Hortonworks社戦略マーケティング担当バイスプレジデント John Kreisa氏は述べています。 Hortonworks認定テクノロジーパートナーであるTalendは、ネイティブHadoopコードを生成し、Hadoop内で直接データ変換を実行し、使いやすいグラフィカルな開発環境を提供することでデータジョブデザインの効率を劇的に向上させます。Talendでユーザは異種システムから大規模かつ多様なデータセットを素早くロード、抽出、変換することができます。 「Talend 5.6とApache Stormのようなより迅速なデータ統合ソリューションで、ユーザはより速く分析しリアルタイムに意思決定することが可能になり、以前できなかった競争優位性を達成できます。オンライン販売や金融サービスプロバイダーなど多くのビジネスが、販売につながるまたは顧客を失うという違いに直結する高品質データを入手可能になります。」とTalend社チーフマーケティングオフィサーのAshley Stirrupは述べています。 Stormと同様に、Talend 5.6はフォールトトレラントなパブリックサブスクライブ メッセージングシステムであるApache Kafkaもサポートしています。KafkaはApache Stormと組み合わせてストリーミングデータのリアルタイム分析とレンダリングに使用出来ます。   Talend 5.6について データドリブン企業を連携、推進するというTalendのコミットメントを強化し、Talend 5.6 はビッグデータの生産性とプロファイリングのための新たなベンチマークを設定し、モノのインターネット (IoT)デバイスへの接続性を拡張しました。更に、最新のHadoop拡張機能をサポートすることで、大幅にパフォーマンスを改善し、リアルタイムかつオペレーショナルなビッグデータプロジェクトを可能にします。 Talend について Talend の統合ソリューションにより、データドリブンの組織は、あらゆるデータから価値を得ることが出来ます。 Talend は、最新のビッグデータプラットフォームをネイティブにサポートすることで、データ統合にまつわる複雑さを排除出来るため、IT 部門は、ビジネス要求により迅速に対応可能になり、発生する費用も想定することが出来ます。Talend のソリューションは、オープンソースのテクノロジーをベースとしており、拡張性が高く、常に最新であり、データ統合に関する、今後も増大するあらゆる要求を解決します。Talend は米国カリフォルニア州レッドウッド市に本社をおく非公開企業です。詳細はwww.talend.comをご覧いただくか、Twitterで@Talendをフォローして下さい。 ◆報道関係者・読者お問い合わせ先 Talend 株式会社 マーケティング 重見英子 TEL:03-6427-6370 E-mail:prjp@talend.com 記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。


2014年1219日

Talend がHP Havenビッグデータソリューションのサポートを拡張

Talend がHP Havenビッグデータソリューションのサポートを拡張 Talend 5.6が HP Vertica Analytics Platform 7のすぐ使えるサポートを提供し、より適切かつ先見性のあるビッグデータ統合が可能に   米国カルフォルニア州レッドウッド市– 2014年12月17日–  ビッグデータ 統合ソフトウェアの世界的なリーダーであるTalendは本日、Talend 5.6が  HP Vertica Analytics Platform 7を現在サポートしていることを発表しました。Talend は、全ての代表的なHadoopディストリビューション上で最高のパフォーマンスを実現するために最適化された、唯一のネイティブなデータ統合プラットフォームです。Talend とHP Haven の主要コンポーネントであるHP Vertica 7のコンビネーションにより、企業は拡張し続ける既存のビジネスデータに迅速にアクセスし、価値を導きだすことができます。 企業はビッグデータの計り知れない潜在価値を認識しているものの、ソーシャルメディア、ウェブログやモノのインターネットのセンサーなどの新しいデータ形式からパターンを検出し、洞察を得たりするのは大いなる挑戦です。Talendの強力なデータ統合機能とHP Verticaの分析の組み合わせにより、企業はさらに効率的にビッグデータを実用的なビジネスの洞察へと変換することができます。HP と Talend の協業により、企業はデータベースのパフォーマンスを最適化し、データクオリティを保証し、大量かつ多様なデータを効率的かつ迅速に処理できるようになります。 「Talend 5.6のHP Vertica 7サポートはインフラや人員の追加が不要です。Verticaユーザーはこの統合サポートにより、データ統合、データクオリティ、マスターデータ管理やアプリケーション統合への足がかりが出来、HP Verticaとの組み合せでデータドリブン企業はビッグデータへの取り組みにおいてより速いタイム・ツー・バリューを実現できます。」とTalendのCTO兼エンジニアリング長であるLaurent Brideは述べています。 TalendはHadoopとビッグデータプラットフォームのパワーを俊敏なデータ統合とデータクオリティのソリューションに活用しています。更に、並列環境向けに最適化されたTalendのユニークなコード生成アプローチにより、どんな規模の企業でも従来のソリューションの数分の一のコストで、時間をかけて収集した膨大な量のデータに接続できます。 「Talendは価値あるパートナーであり、私たちの製品の組み合わせは、規模に関係なく、データを実用的な情報に変換する方法の改善を検討している企業に、多くの技術的あるいはビジネス上のメリットを提供します。HP VerticaとTalendでデータの完全な可視化、データの調査や分析の劇的な簡素化が可能となり、企業は最良な方法で情報を活用できるようになります。」と、HP Software社ビッグデータ担当シニアマネージャーJoseph Yen氏は述べています。   Talend 5.6について データドリブン企業を連携、推進するというTalendのコミットメントを強化し、Talend 5.6 はビッグデータの生産性とプロファイリングのための新たなベンチマークを設定し、モノのインターネット (IoT)デバイスへの接続性を拡張しました。更に、最新のHadoop拡張機能をサポートすることで、大幅にパフォーマンスを改善し、リアルタイムかつオペレーショナルなビッグデータプロジェクトを可能にします。     Talend について Talend の統合ソリューションにより、データドリブンの組織は、あらゆるデータから価値を得ることが出来ます。 […]


2014年1217日

Talend がHP Havenビッグデータソリューションのサポートを拡張

Talend がHP Havenビッグデータソリューションのサポートを拡張 Talend 5.6が HP Vertica Analytics Platform 7のすぐ使えるサポートを提供し、より適切かつ先見性のあるビッグデータ統合が可能に   米国カルフォルニア州レッドウッド市– 2014年12月17日– ビッグデータ 統合ソフトウェアの世界的なリーダーであるTalendは本日、Talend 5.6が HP Vertica Analytics Platform 7を現在サポートしていることを発表しました。Talend は、全ての代表的なHadoopディストリビューション上で最高のパフォーマンスを実現するために最適化された、唯一のネイティブなデータ統合プラットフォームです。Talend とHP Haven の主要コンポーネントであるHP Vertica 7のコンビネーションにより、企業は拡張し続ける既存のビジネスデータに迅速にアクセスし、価値を導きだすことができます。 企業はビッグデータの計り知れない潜在価値を認識しているものの、ソーシャルメディア、ウェブログやモノのインターネットのセンサーなどの新しいデータ形式からパターンを検出し、洞察を得たりするのは大いなる挑戦です。Talendの強力なデータ統合機能とHP Verticaの分析の組み合わせにより、企業はさらに効率的にビッグデータを実用的なビジネスの洞察へと変換することができます。HP と Talend の協業により、企業はデータベースのパフォーマンスを最適化し、データクオリティを保証し、大量かつ多様なデータを効率的かつ迅速に処理できるようになります。 「Talend 5.6のHP Vertica 7サポートはインフラや人員の追加が不要です。Verticaユーザーはこの統合サポートにより、データ統合、データクオリティ、マスターデータ管理やアプリケーション統合への足がかりが出来、HP Verticaとの組み合せでデータドリブン企業はビッグデータへの取り組みにおいてより速いタイム・ツー・バリューを実現できます。」とTalendのCTO兼エンジニアリング長であるLaurent Brideは述べています。 TalendはHadoopとビッグデータプラットフォームのパワーを俊敏なデータ統合とデータクオリティのソリューションに活用しています。更に、並列環境向けに最適化されたTalendのユニークなコード生成アプローチにより、どんな規模の企業でも従来のソリューションの数分の一のコストで、時間をかけて収集した膨大な量のデータに接続できます。 「Talendは価値あるパートナーであり、私たちの製品の組み合わせは、規模に関係なく、データを実用的な情報に変換する方法の改善を検討している企業に、多くの技術的あるいはビジネス上のメリットを提供します。HP VerticaとTalendでデータの完全な可視化、データの調査や分析の劇的な簡素化が可能となり、企業は最良な方法で情報を活用できるようになります。」と、HP Software社ビッグデータ担当シニアマネージャーJoseph Yen氏は述べています。   Talend 5.6について データドリブン企業を連携、推進するというTalendのコミットメントを強化し、Talend 5.6 はビッグデータの生産性とプロファイリングのための新たなベンチマークを設定し、モノのインターネット (IoT)デバイスへの接続性を拡張しました。更に、最新のHadoop拡張機能をサポートすることで、大幅にパフォーマンスを改善し、リアルタイムかつオペレーショナルなビッグデータプロジェクトを可能にします。     Talend について Talend の統合ソリューションにより、データドリブンの組織は、あらゆるデータから価値を得ることが出来ます。 […]


2014年12 9日

Talend 、データドリブン企業を推進する最新版「Talend 5.6」をリリース

ビッグデータインテグレーションのリーダーであるTalend株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 有延敬三)は、統合プラットフォームの最新版であるTalend 5.6のリリースを発表します。データドリブン企業を連携、推進するというコミットメントを強化するべく、Talend 5.6ではビッグデータ統合の生産性とプロファイリングのための新たなベンチマークを設定し、モノのインターネット(IoT)デバイスへの接続性を拡張しました。さらに、Talend 5.6は最新のHadoop機能拡張であるApache SparkとApache Stormをサポートすることで、大幅にパフォーマンスを改善、リアルタイムかつオペレーショナルなビッグデータプロジェクトを可能にします。   「Talend 5.6はHadoopの導入を加速し、革新の先頭に立つという当社のコミットメントを強化しており、お客様は新フレームワークのメリットを直ぐに実感して頂くことが出来ます。新しいユースケースの実現から全面的なパフォーマンスと生産性の向上まで、Talend 5.6は企業が今日のビッグデータプロジェクトをより速く、より簡単にするために必要とする機能を提供すると同時に、さらに複雑さを増しているビッグデータの要望に対応しています」と、Talend社CTO Laurent Brideは述べています。   Talend 5.6ではApache SparkとApache Storm対応の最先端プレビューを紹介しています。最新版ではSparkを使用して大規模なバッチ分析ジョブ、インタラクティブなクエリやグラフの処理を100倍高速化する、あるいは「移動中のデータ」やストリーミング情報を高いパフォーマンスで分析するためにStormを導入する等の新しいビッグデータのユースケースを、いかにTalendが向上し合理化するかを体験して頂くことが出来ます。   世界第2位の消費者向け(B2C)オンライン販売企業であり、欧州最大の消費者向けB2Cファッション及びライフスタイルビジネスのオンライン販売企業であるオットーグループは、54,000名以上の従業員を有し、20カ国以上で大手123 社を運営し、年間120億ユーロを売り上げています。オットーはTalend Platformを使って、膨大な社内のデータソースに一元的に接続出来るようになりました。   「Talendを使うことで、オットーグループは製品ラインに関して迅速かつスマートな決断が可能になり、需要予測の改善、売れ残り商品の削減が出来ました。そして、重要なのは当社の顧客体験を向上出来たことです。さらに高品質なデータを効果的に分析し、今後の業務及び顧客サービスの向上に迅速に役立てることにより、継続的な改善を実行し競合に勝ち抜くという当社の要望に、Talend 5.6は応えてくれています」と、オットーグループITのチーフBIプラットフォーム アーキテクトである Rupert Steffner氏は述べています。   ダイナミックプライシングやカート放棄の改善、なりすまし防止などの瞬間的な意思決定シナリオを可能にする、リアルタイムなオペレーションが要求されるビッグデータ処理に加えて、Talend 5.6はMapReduceの処理性能も向上しました。独自のネイティブHadoopサポートのメリットを活かして、TPC-Hベンチマークのパフォーマンスは、2014年5月にリリースされた前バージョンに比べて24%、過去12ヶ月間で50%以上向上しました。幾つかのユースケースでは、Talend5.6のユーザーは約60%の性能向上と20倍のプロファイリングパフォーマンスを得られるでしょう。   機械が生成するコンテンツデータやIoTデバイスのサポートはTalend 5.6のもう一つの方向性です。膨大な数のデバイスがセンサーに搭載され通信可能になるため、IoTはビジネスの意思決定をサポートし、プロセスを最適化し、コストとリスクの削減を示唆する新たな情報を提供します。Talend5.6は2つのプロトコル(MQTTとAMQP)を新たにサポートし、センサーデータが企業のリアルタイムなデータ統合に直接連携出来るようにします。   Talend 5.6では、800以上あるアプリケーションコネクターとコンポーネントのリストをさらに増やしており、Oracle GoldenGate CDC、Microsoft HDInsight、そしてSalesforce.com、MarketoやNetSuiteなどのSaaSソリューションへの接続機能を強化しています。   また、Talendはより多くの日本のお客様にTalend Platformをご活用頂けるよう、日本語ドキュメントの整備を進めており、その一環としてTalend V5.5を対象とした日本語マニュアルの提供を開始します。本日本語マニュアルは、商用製品はもとよりオープンソース製品のユーザーにもコミュニティサイトを通じて無料で提供いたします。詳しくは https://talend.jp/manual をご覧下さい。     Talend 5.6について  商用製品 Talend Enterpriseシリーズ Talend Enterprise Data Integration V5.6 […]


2014年11 9日

Talend 、データドリブン企業を推進する最新版「Talend 5.6」をリリース

ビッグデータインテグレーションのリーダーであるTalend株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 有延敬三)は、統合プラットフォームの最新版であるTalend 5.6のリリースを発表します。データドリブン企業を連携、推進するというコミットメントを強化するべく、Talend 5.6ではビッグデータ統合の生産性とプロファイリングのための新たなベンチマークを設定し、モノのインターネット(IoT)デバイスへの接続性を拡張しました。さらに、Talend 5.6は最新のHadoop機能拡張であるApache SparkとApache Stormをサポートすることで、大幅にパフォーマンスを改善、リアルタイムかつオペレーショナルなビッグデータプロジェクトを可能にします。   「Talend 5.6はHadoopの導入を加速し、革新の先頭に立つという当社のコミットメントを強化しており、お客様は新フレームワークのメリットを直ぐに実感して頂くことが出来ます。新しいユースケースの実現から全面的なパフォーマンスと生産性の向上まで、Talend 5.6は企業が今日のビッグデータプロジェクトをより速く、より簡単にするために必要とする機能を提供すると同時に、さらに複雑さを増しているビッグデータの要望に対応しています」と、Talend社CTO Laurent Brideは述べています。   Talend 5.6ではApache SparkとApache Storm対応の最先端プレビューを紹介しています。最新版ではSparkを使用して大規模なバッチ分析ジョブ、インタラクティブなクエリやグラフの処理を100倍高速化する、あるいは「移動中のデータ」やストリーミング情報を高いパフォーマンスで分析するためにStormを導入する等の新しいビッグデータのユースケースを、いかにTalendが向上し合理化するかを体験して頂くことが出来ます。   世界第2位の消費者向け(B2C)オンライン販売企業であり、欧州最大の消費者向けB2Cファッション及びライフスタイルビジネスのオンライン販売企業であるオットーグループは、54,000名以上の従業員を有し、20カ国以上で大手123 社を運営し、年間120億ユーロを売り上げています。オットーはTalend Platformを使って、膨大な社内のデータソースに一元的に接続出来るようになりました。   「Talendを使うことで、オットーグループは製品ラインに関して迅速かつスマートな決断が可能になり、需要予測の改善、売れ残り商品の削減が出来ました。そして、重要なのは当社の顧客体験を向上出来たことです。さらに高品質なデータを効果的に分析し、今後の業務及び顧客サービスの向上に迅速に役立てることにより、継続的な改善を実行し競合に勝ち抜くという当社の要望に、Talend 5.6は応えてくれています」と、オットーグループITのチーフBIプラットフォーム アーキテクトである Rupert Steffner氏は述べています。   ダイナミックプライシングやカート放棄の改善、なりすまし防止などの瞬間的な意思決定シナリオを可能にする、リアルタイムなオペレーションが要求されるビッグデータ処理に加えて、Talend 5.6はMapReduceの処理性能も向上しました。独自のネイティブHadoopサポートのメリットを活かして、TPC-Hベンチマークのパフォーマンスは、2014年5月にリリースされた前バージョンに比べて24%、過去12ヶ月間で50%以上向上しました。幾つかのユースケースでは、Talend5.6のユーザーは約60%の性能向上と20倍のプロファイリングパフォーマンスを得られるでしょう。   機械が生成するコンテンツデータやIoTデバイスのサポートはTalend 5.6のもう一つの方向性です。膨大な数のデバイスがセンサーに搭載され通信可能になるため、IoTはビジネスの意思決定をサポートし、プロセスを最適化し、コストとリスクの削減を示唆する新たな情報を提供します。Talend5.6は2つのプロトコル(MQTTとAMQP)を新たにサポートし、センサーデータが企業のリアルタイムなデータ統合に直接連携出来るようにします。   Talend 5.6では、800以上あるアプリケーションコネクターとコンポーネントのリストをさらに増やしており、Oracle GoldenGate CDC、Microsoft HDInsight、そしてSalesforce.com、MarketoやNetSuiteなどのSaaSソリューションへの接続機能を強化しています。   また、Talendはより多くの日本のお客様にTalend Platformをご活用頂けるよう、日本語ドキュメントの整備を進めており、その一環としてTalend V5.5を対象とした日本語マニュアルの提供を開始します。本日本語マニュアルは、商用製品はもとよりオープンソース製品のユーザーにもコミュニティサイトを通じて無料で提供いたします。詳しくは https://talend.jp/manual をご覧下さい。     Talend 5.6について 商用製品 Talend Enterpriseシリーズ Talend Enterprise Data Integration V5.6 […]


2014年11 7日

Talend Recognized by Gartner in 2014 Magic Quadrant for Master Data Management of Customer Data Solutions

Talend, the global big data integration software leader, today announced it has been positioned by Gartner, Inc. in the “Magic Quadrant for Master Data Management of Customer Data Solutions.”[1] Gartner states, “Businesses of all sizes and in many industries are struggling to maintain a consistent, shareable and accurate single version of customer data across their […]


2014年11 6日

Mediaserv makes its growth sustainable by securing its data exchanges

Talend, global Big Data integration software leader, today announced that its Talend Enterprise Data Integration solution was selected by MediaServ, a branch of the  Canal + Overseas  group and a major player  on the Telecommunications market in the French overseas departments. Mediaserv has selected Talend to help them automate strategic customer processes and secure their […]