Talendがセルフサービスクラウドデータ統合のリーダー、Stitchを買収

新しいクラウドデータウェアハウスのユーザーと新規クラウド顧客獲得に向けた新しいオファーを追加

Redwood City, CA - 2018年11月 7日 -

(本リリースは米国にて発表されたリリースの抄訳版です)

Talend(NASDAQ:TLND)は、クラウドへの方向性強化の一環として、急速に成長しているセルフサービスのデータ統合市場のリーダーであるStitchを買収することに決定しました。 Stitchは、人気のあるソースから主要なクラウドデータウェアハウスプラットフォームにデータを移動するための使いやすいサービスを提供します。 この買収により、Talendはクラウドデータウェアハウス市場向けの強力なソリューションの提供が可能になり、クラウドソリューションでの新規顧客へのサービス提供をスムーズに展開することができます。

「Stitchは、クラウドデータウェアハウス向けのシンプルでセルフサービスでのデータ統合ソリューションです。Talendのサービスに強力なオファーとして追加されました」とTalendのCEO、マイク・トゥーケンは述べています。 「さらに、Stitchは、当社が新しいクラウドベースのソリューションを拡大していく上で、データ統合、変換、クレンジング、準備、およびカタログ作成のための当社の高度なクラウドソリューションを必要とされているお客様への効率的なリーチの方法として機能すると考えています」。

企業がアナリティクスにクラウドを使用することを標準化するにつれて、クラウドデータウェアハウスとデータレイクを迅速にロードする必要性が増しています。 ほとんどの部門や中小企業ではリソースや、時には既存のソリューションを使用するスキルが不足しており、データ活用の遅延が発生し、結果として機会損失や顧客体験の悪化へとつながります。 Stitchは新しくStitch Data Loaderという名称となり、データサイエンティスト、データアナリスト、ビジネスアナリスト、エンジニアなどが、データ統合の担当者に依存せずにセルフサービスでデータをロードできるようにすることで、この一連の課題を克服します。

「TalendとStitchは理想的に調和します。 Talendの製品はStich製品を補完し、私達は同様の文化と市場ビジョンを共有しています」とStitchの共同設立者兼CEOであるJake Steinは述べています。 「クラウドとデータ駆動形のビジネスへの移行は、データ統合市場を変え、新しいユーザーにさまざまなニーズをもたらしています。 TalendとStitchの組み合わせにより、市場のすべてのレベルとクラウド分析のすべてのユーザーに対応できる唯一のベンダーになると確信しています」。

ガートナーグループによれば、データサイエンティスト、データエンジニア、データスチュアードなど、データへのアクセスを必要とする新しい役割は劇的に拡大しています。 実際、ガートナーグループは、「2020年までに、ビジネスユニットのデータとデータ分析の専門家の数は、IT部門の専門家の3倍に増え、組織のモデルやスキルを再考することになる」と予測しています。[1] 

このたびの買収により、Talendの製品ポートフォリオの強化に加えて、AWS、Azure、Google、Snowflakeなどのデータウェアハウスパートナーを含むクラウドエコシステムパートナー向けのTalendの価値提案を強化することが期待されます。

買収プロセス終了とともに、Jake SteinはTalendのStitchビジネスユニットのSVPに就任し、TalendのCEO、Mike Tuchenの直下となります。 Stitchの詳細や、無償トライアルサービスについては、Stitch社ウェブサイトをご覧ください。

[1] Gartner “How to Enable Self-Service Analytics and Business Intelligence: Lessons From Gartner Award Finalists”, Carlie J. Idoine, Cindi Howson

 

Forward-Looking Statements

This press release contains forward-looking statements within the meaning of Section 27A of the Securities Act of 1933 and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934. Forward-looking statements generally relate to future events or our future financial or operating performance. In some cases, you can identify forward-looking statements because they contain words such as “may,” “will,” “should,” “expects,” “plans,” “anticipates,” “could,” “intends,” “target,” “projects,” “contemplates,” “believes,” “estimates,” “predicts,” “potential” or “continue” or the negative of these words or other similar terms or expressions that concern our expectations, strategy, plans or intentions. Forward-looking statements in this press release include, but are not limited to, our expectations with respect to the acquisition of Stitch and regarding the future demand and behavior of customers and the data integration market, our expectations regarding the evolution of our marketplace and our ability to capture an increasing share of the big data and cloud integration market. Our expectations and beliefs regarding these matters may not materialize, and actual results in future periods are subject to inherent risks, uncertainties and changes in circumstance that are difficult or impossible to predict. Consequently, you should not rely on these forward-looking statements. Actual outcomes and results may differ materially from those contemplated by these forward-looking statements as a result of such uncertainties, risks, and changes in circumstances. Those risks, uncertainties and assumptions include the risk that the proposed transaction with Stitch may not be consummated in a timely manner; the effect of the announcement or pendency of the transaction with Stitch on our business relationships, operating results and business generally; risks related to diverting management's attention from ongoing business operations; unexpected costs, charges or expenses resulting from our acquisition of the Stitch business; our ability to retain existing customers and generate new customers; the market for data integration solutions, particularly our big data and cloud integration solutions, not continuing to develop; our ability to achieve our plans, forecasts and other expectations with respect to Stitch's business after completion of the proposed transaction; competition from other products and services; and general market, political, economic and business conditions, including the fluctuation of foreign currency exchange rates.

The forward-looking statements contained in this press release are also subject to other risks and uncertainties, and the foregoing list of factors is not exclusive. Additional risks and uncertainties that could affect our financial and operating results are included under the captions “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operation” and elsewhere in our most recent filings with the Securities and Exchange Commission, including our most recent reports on Form 6-K and our Form 20-F filed with the SEC on March 5, 2018. Our SEC filings are available on the Investors section of Talend’s website at http://investor.talend.com and the SEC’s website at www.sec.gov. The forward-looking statements in this press release are based on information available to us as of the date hereof, and we disclaim any obligation to update any forward-looking statements provided to reflect any change in our expectations or any change in events, conditions, or circumstances on which any such statement is based, except as required by law.