TalendのアジアパシフィックGM兼SVPにストゥ・ギャロウが就任

Redwood City, CA - 2019年2月14日 -

(本リリースは米国にて発表されたリリースの抄訳版です)

クラウドデータ統合ソリューションの世界的リーダーであるTalend(米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、NASDAQ: TLND)は本日、APACジェネラルマネージャー兼セールスシニアバイスプレジデントとしてストゥ・ギャロウ(Stu Garrow)が着任したことを発表しました。ギャロウはパートナーエコシステムの拡大を始めとする、アジアパシフィック地域における同社のビジネス推進と成長の責任者となります。

マイクロソフト社とIDCの共同研究1は、「2021年までに、アジアパシフィック地域のGDPの60%は、デジタルトランスフォーメーションによって生み出されたデジタル製品またはサービスからもたらされるでしょう」と記しています。 デジタルトランスフォーメーションを成功させるために、「これまで以上に、ビジネスリーダーはデータを活用して新しいエクスペリエンスとソリューションを提供する方法についての検討を進めています。データの可能性を引き出すには、データの増加に対応できる、柔軟でスケーラブルで敏捷なクラウド戦略を採用する必要があります」。

ストゥ・ギャロウは、大手クラウドデータ統合/ソフトウェア企業における、アジアパシフィック地域での競争力の高いチームの育成、ビジネス/チャネル/およびアライアンス戦略の開発についての25年以上に渡る経験を有しており、Talend入社前は、MuleSoft社において、アジアパシフィック チャネルおよびアライアンスディレクターを5年間務めました。その成功によりMuleSoft社のチャネルおよびアライアンスプログラム担当グローバルディレクターに昇進し、パートナープログラムやパートナー教育を担当しました。 それ以前には、Tech Inject、Xertu Solutions、Software TractionおよびAgitar Software(のちにMcCabe Softwareに買収)において指導者としてのポジションを歴任しています。2013年からは、自身が持つ専門知識を活用し、起業家にサポートを提供するビジネスメンターとしての活動も開始しています。

Talend CEO、マイク・トゥーケンのコメント

「ギャロウは、アジアパシフィック地域での幅広い経験を持ち、クラウドデータ統合市場を深く理解しています。APAC地域における当社のビジネスは順調に拡大しています。対前年比100%を超える成長とともに増えているTalend Cloudへのニーズに対応するため、新しいクラウドデータインフラセンターを東京に設立しました。 ギャロウがこのポジションに着任したことにより、当社のAPACにおけるさらなる成功を導いてくれることに期待しています」。

ストゥ・ギャロウのコメント

「今日のアジアパシフィック地域においては、業界を問わず、企業の変革、意思決定の迅速化、新製品やサービスの開発、そして何よりも顧客体験の向上のために、いかにデータを活用するかを検討しています。 Talendの成長にとって極めて重要な時期であり、パートナーと協力して、お客様にデータの力を十分に利用する力をご提供できる機会を与えられたことを大変喜ばしく思っています」。

[1]Unlocking the Economic Impact of Digital Transformation in Asia Pacific”, IDC, Daniel-Zoe Jimenez, Victor Lim, Lawrence Cheok, Huimin Ng - November 2018