仕様:Data Preparation

Talend Data Preparationでサポートされるサードパーティ製コンポーネント、製品、およびオペレーティングシステムは次のとおりです。サポートは製品によって異なります。製品のインストールに関する文書とリリースノートについては、ヘルプセンターをご確認ください。

Talend Data Preparation無料デスクトップ

ハードウェア要件

  • プロセッサー:64ビットプロセッサーが必要です (注: 32ビットはサポートされていません)
  • 割り当てメモリー:最小1GB
  • ディスクスペース:少なくとも500MBの空き

オペレーティングシステム

  • Microsoft Windows 7以上、64ビット
  • Mac OS X 10.7 "Lion"以上

接続

  • データソース: ExcelまたはCSVファイル
  • エクスポート: CSV、ExceまたはTableau TDEファイル

Talend Data Preparationサブスクリプションバージョン

オペレーティングシステム

  • CentOS Linux
  • Red Hat Enterprise Linux
  • SUSE Linux
  • Ubuntu Linux
  • Microsoft Windows

接続:

  • データソース:
    • ローカルExcelまたはCSVファイル
    • HadoopのCSV、Parquet およびAVROファイル
    • Amazon S3のCSV、Parquet およびAVROファイル
    • JDBC経由の任意のデータベース
    • Hadoop Distribution Support

      • HDP : 2.4+
      • Cloudera : 5.7+p
      • EMR : 4.5+
      • Hadoop : 2.7+
    • Salesforce
  • エクスポート:
    • ローカルExcelまたはCSVファイル
    • HadoopのCSV、Parquet およびAVROファイル
    • Amazon S3のCSV、Parquet およびAVROファイル
  • Talend Data PreparationはTalendの統合機能を十分に活用してデータベース、ファイル、クラウドベースのアプリケーションおよびその他、およびビッグデータHadoopディストリビューションおよびSQLデータベースにネイティブに接続します。