2016年Talendデータマスターズアワード:Lenovo社のデータ駆動型テクノロジーによる小売変革

article in English

2015年、Talendはビッグデータとクラウド統合テクノロジーの革新的な使用によりビジネスを劇的に変革した企業を表彰する、年次のデータマスターズアワード(Data Masters Award)プログラムを導入しました。

今年のデータマスターのブログシリーズは、2016年11月17日にフランスのパリで開催されたTalend Connectカンファレンスで発表された、2016年データマスターズアワードの受賞企業に焦点を当てています。

デジタルマーケティングによる最大限のROIの実現、

人気商品の特定と販売方法、

オンラインストアでの需要の把握と提供といった課題は、

規模を問わずオンライン店舗と実店舗の両方のビジネスにとって難しい懸念事項となっています。

小売業は膨大な顧客データを持つ業界であるとは言え、企業は顧客ニーズを把握してリアルタイムのパーソナライズされた推奨情報を提供するために苦心しています。

これはまだ精密科学の分野ではありませんが、ビッグデータ、クラウド、リアルタイムの情報テクノロジーの支援によって少しずつ簡単になり始めています。

Lenovo社のデジタル変革と同社が提供する弾力性の高いハイブリッドクラウドプラットフォームは、業績を飛躍的に高める全方位的顧客管理プラットフォームの好例です。

顧客データの活用

Lenovo社は世界最大のPCベンダー[1]であり、460億ドル規模のパーソナルコンピューティングテクノロジー企業です。

同社は、世界中の何百万もの顧客に対する360度のビューを実現するために、構造化データ及び非構造化データのトランザクションを毎年220億件以上分析しています。

このような大量のデータを持ちながら、Lenovo社は収集した膨大な顧客データからビジネスの知見を迅速に得るうえで課題を抱えていました。

このことから、リアルタイムのビジネスインテリジェンスと運用分析をサポートする弾力性のあるハイブリッドクラウドプラットフォームとして、LUCI Skyが構想されました。

Lenovo社のビッグデータアーキテクトであるPradeep Kumar G.S.氏は、同社が毎日60以上のデータソースからの「データセットの運用分析をリアルタイムで実行」するのに、LUCI Skyが役立っていると説明しています。

Amazon Web Services、Lenovoサーバー、Talend Big Data等のテクノロジーによる新しいビッグデータ環境を利用することで、Lenovo社は分析を実行して顧客に最も好まれる製品と構成を理解できるようになりました。

また、その過程で、過去3年間で1年目から継続的にコストを100万ドル削減し、ユニット当たりの収益を11%増加させることができました。

360度のカスタマービューでビジネスを180度転換

Lenovo社でビッグデータアーキテクチャーとグローバルビジネスインテリジェンスを担当するシニアマネージャーのMarc Gallman氏は、「ここ数年間で実現した360度のカスタマービューにより、顧客ニーズを迅速に理解でき、応答と知見をより早く得られるようになっています」と述べています。

Talendは、2016年のビジネスROI部門データマスターズアワードを獲得したLenovo社の成果を称えます。

同社のダイナミックなビジネス変革の詳細については、以下のビデオをご覧ください。

 

Share

Leave a comment

コメントを追加

More information?