リアルタイムビックデータが主流に ー 準備できていますか?

article in Englisharticle in Frencharticle in German

急成長を遂げるリアルタイムビックデータ分析は、今日、大きな変換点を迎えています。あらゆるデータがリアルタイムビックデータのサプライチェーンを同時に形成出来るようになり、私たちのビジネスのやり方を変えることになるでしょう。

IDCによると、我々は、個人や企業のオンラインでの活動や物のインターネット(IoT)の急増により、年間40%成長しているデジタルワールドに生きていることになります。このデジタルワールドの大きさは隔年で倍増しています。2020年までには、デジタルワールドは44ゼタバイト、つまり44兆ギガバイトに達するとIDCは述べています。

これまで、この巨大なデータの山を掘り起こして、即時実行が可能な分析を行うためには、巨額のIT予算とスタッフを有する一握りの洗練された企業だけでした。その他の企業や組織は技術的、財政的制約により、リアルタイムビックデータ分析の実施は傍観してきたのです。

ゲームチェンジャー(大変革をもたらす者)

Talend 6 の登場により、リアルタイム分析の様相は一変しました。Talend 6 は業界で初めてHadoopのみならずApache SparkとSpark Streamingをネイティブサポートする、優れた費用対効果を発揮するデータ統合プラットフォームです。100以上のSparkコンポーネントを持つこのプラットフォームは、比類なきパフォーマンスでストリーミングデータやIoTセンサーコンテンツをリアルタイムにインサイトに変換します。

お客様の先週の行動を知ることは重要ですが、もっと重要なのは行動が起きた瞬間にそれを把握し、直ぐに対応することでお客様の満足度を向上することです。これを示唆するような禅の教えがあります「今ここに無いなら、それは無意味です」。

新バージョンTalend 6 は大幅にパフォーマンスを向上し、ビックデータのリアルタイムなサプライチェーンを実現することで顧客向けソリューションに革新をもたらすことが出来ます。

例えば、今Talendを使っているお客様は、ボタンをクリックするだけで(Hadoopの従来の処理方式である)MapReduceジョブをSparkジョブに変換することができ、処理性能を5倍に向上させることが出来ます。直感的なデザインインターフェースとSparkコードを自動生成するSparkコンポーネントにより、ハンドコーディングに比べ開発者の生産性は10倍に向上します。Talend 6 はまた、ラムダアーキテクチャによりバルクやバッチ処理、リアルタイム、ストリーミングおよびIoTデータを扱う統合環境を提供します。

しかし、Talend 6 の製品仕様よりも重要なのは、この製品が企業にもたらすメリットとデータに関する疑問に瞬時に答えることが出来る多数のユースケースです。

リアルタイムビックデータならではのユースケース

以下はTalendのプラットフォームが実現するリアルタイムビックデータ統合のほんの一例です:

  • ヘルスケア 医療アラートペンダントは、モーション検出器と連動して、高齢な患者が身動きをとれなくなった時に、救護連絡を直接発信させることが出来ます。

今日、リアルタイムビックデータにより、ヘルスケアサービス企業は危険性の高い患者を常時監視することが出来ます。プロアクティブな患者対応が必要な場合は、バイタルサインを追跡する個人デバイスの発するデータとカルテ情報を組み合わせれば、医療従事者にアラートをあげることが出来ます。

  • 小売 – ショッピングカート放棄率 — 購入者がオンラインカートに商品を入れても購入手続きに至らずに放棄してしまう率は、小売業者には大きな課題です。BIインテリジェスによると、ショッピングカートに放棄された商品額は今年4兆ドルにのぼると予想されています。リアルタイムビックデータ分析機能がなければ、小売業者は機会損失を防げません。

Spark対応のデータ統合はSpark対応の分析と連携して、ショッピンカート放棄の問題解決に必要とされる俊敏性を提供します。リアルタイムビックデータ処理により、顧客の購買行動を予測するだけなく、顧客に購入手続きを完了させるためのインセンティブを自動的に提供することが出来ます。

  • 農業 -従来、農業従事者は土壌サンプルの提供後、何週間も経ってから、収穫を最大化するために何をしたら良いかという分析結果を受けとっていました。

Talend 6 はSparkでのデータ統合をサポートしているため、従来のラボデータと結合したフィールドデータなど、構造化及び非構造化両方の様々なソースからデータを収集、分析し、一瞬でレポートを作成することが出来ます。これにより農業従事者は瞬間瞬間の情報に基づき判断を下すことが出来ます。

リアルタイム分析の普及

この新バージョンのリリースにより、Talend は世界初のリアルタイムビックデータ統合基盤を提供し、全ての企業や組織にビジネス手法の変革をもたらします。リアルタイム分析機能はもはや、ごく一部の限られたものの特権ではなくなりました。

また同時に、Talend 6 のような費用対効果の高い統合基盤を使ってリアルタイムビックデータ分析をしなければ、大きな競争上の不利になるということにもなります。

リアルタイム分析へのシフトは、さらなる意味を持っています。リアルタイムマーケティングに限らず、それ他の業務、製造やサプライチェーン管理から人事等にも利点があります。IT部門が他部門と連携してリアルタイムビックデータのサプライチェーンを最大限に活用し、この高度なテクノロジーを革新的な適用に生かす道を模索する絶好の機会です。

新時代の幕開けです。

Share

Leave a comment

コメントを追加

More information?